Evernote

[Mac OS X Lion] フルスクリーンでEvernoteを使うときに操作が格段に便利になる3つの方法

Mac OS X Lionにしてから、このようにフルスクリーンにしたEvernoteとその他のアプリを起動させるスペースの二画面でやっています。

1スペース1アプリでスペースを使い過ぎるとMission Controlの挙動が重くなるし、ウィンドウ配置を自由自在に変更できる「Moom」で不便しないので、このような配置に落ち着きました。

参考記事 : [Mac] ウィンドウ配置をキーボードショートカットで自由自在に変更できる「Moom」

で、フルスクリーンで使っていて、便利だなあと思う操作が身に付いてきたのでシェアします。

1. Evernoteにファイルを渡す

Evernoteは、あらゆるファイルを記憶することができます。それが写真であれ、動画であれ、音楽であれ、なんでもね。

Evernoteにファイルを渡すには、このようにドックにある象さんアイコンにファイルをドラッグして落とします。

もしくは、ファイルをドラッグした状態で画面の端に押し付けることで、スペース移動をすることができます。

これで、Evernoteで開いているノートの特定の場所にファイルを渡すことができます。

2. キーボード・ショートカットでスペース移動を行う

OS X Lionになって、スペースの移動を四本指スワイプで行えるのですが、ここではキーボード・ショートカットを使います。だって、キーボード・ショートカット好きなんですもの。

スペースの移動は、[ control + 方向キー ]で行えます。

すっと移動できるので、とても気持ちいいです。

3. BetterTouchToolでノートを素早く閉じる

フルスクリーンでEvernoteを使うと、強制的に「サムネールビュー」になり、散らばったノートの閲覧性は高くなりますが、そのノートの内容をもっと見たいときはわざわざオープンする必要があります。

そして、一度オープンしたノートを閉じるのには、ウィンドウの左上の「閉じる」をクリックするか、[ command⌘ + W ]を押せば良いのですが、面倒。

僕はこの面倒さで、一時期フルスクリーンでEvernoteを使うのを諦めていましたが、BetterTouchTool使えばいいじゃんと思うようになり、Evernoteをフルスクリーンで使うことを再開。

とりあえず、実動作を示します。BetterTouchToolの説明は後から行います。

BetterTouchToolは、トラックパッドなどのジェスチャとキーボード・ショートカットを結びつけるすごいアプリです。今回は、[ 四本指スワイプ下 ] = [ command⌘ + W ]と設定しました。

このようにノートを開いています。

四本指スワイプ下でノートを閉じる。

画像じゃその素晴らしさが伝わらないと思いますが、これ泣けるほど便利。試してみなきゃ分からん世界です。

注意したいのが、ノートが開いてない状態で行わないこと。Evernoteを閉じてしまいます。

BeterTouchToolの設定

以下のアドレスからBetterTouchToolをダウンロードします。

http://blog.boastr.net/?page_id=1722

それで、起動するとメニューバーに表示されるので、「Preference」を選択します。

「Select Application」でEvernoteを追加します。また、ここではジェスチャを行う装置を「Trackpad / Magic Trackpad」で選択します。

「Add new gesture」を選択して、「Touchpad Gesture」に「Four Finger Swipe Down」を、「Custom Keyboard Shortcut」に「⌘W」を設定します。

これで設定は終わりです。快適すぎるフルスクリーンEvernoteライフをお送りください。

さいごに

説明してきたように僕はこんな感じで、フルスクリーンでEvernoteを使っています。で、こんな感じに使っていると、なんだか別のOSをMac上で動かしてるみたいだなあと思います。

丁度、@rashita2先生が仰ってました。

私なりの感覚で言うと、EvernoteはパソコンのOSの上に乗っているもう一つのOS。セミOS的な感覚です。それはIOS(インフォメーション・オペレーティング・システム)といったノリで、情報のデータベース的に使っています。

via: R-style » 『Evernoteオフ@名古屋』に参加してきました(4)〜たとえばの使用例〜

僕もEvernoteで知的生産のデキる男しかもイイ男になりたいものです。

ということで、僕のこれからの目標は、「Evernoteを用いたアウトプットの方法の探索」です。