Mac

[Mac] キーボード・ショートカットでアプリケーションが起動できるようになる「Quick Silver」

毎日、起動するあのアプリ。キーボードで呼び出したいと思いませんか?

「Quick Silver」を使えば、Evernoteに手軽にメモを投げることができるアプリなども、キーボードから呼び出すことが出来て便利です。

参考記事 : R-style » Mac中にEvernoteにメモを送るためだけのアプリ『goEvernote』(仮)

今回は、倉下(@rashita2)先生作「goEvernote」をキーボードから呼び出す手順を説明します。

「Quick Silver」のダウンロード

以下のアドレスからダウンロードできます。

Quicksilver — Mac OS X at your Fingertips

「Download」から「Mac OS X 10.7 Lion, 10.6 Snow Leopard」をダウンロードします。

ダウンロードして、ダブルクリックすると次のようなWelcome画面が起動します。

「Continue」を連打して、途中で規約を読んで、最後に「Finish」をクリック。くるくるサイコロのように回転するので楽しいです。

起動

「Quick Silver」が起動するとこんな画面が表示されます。

「Application」フォルダにあるアプリは、特に意識することなく設定(キーボードから呼び出し)できます。

しかし、今回は任意の場所に置いたアプリ(goEvernote.app)をキーボードから起動させることを目標とします。「Application」フォルダにアプリを置いているかたは、次を読み飛ばしてください。

「Catalog…」に追加する

「Catalog…」で参照するアプリを追加します。右肩から選択するか、[ command + ; ]で「Catalog」画面に移ります。

「+」ボタンで展開して、「File & Folder Scanner」から、キーボード呼び出ししたいアプリケーションを選択します。ここでは、「goEvernote」を選択しました。

で、「goEvernote」がCatalogに追加されていたらOKです。

「Triggers…」でキーボード呼び出しの設定

「Triggers」画面に移ります。「+」ボタンで展開して、「HotKey」を選択します。

このようにウィンドウが降りてくるので、「Type to search」に、「goEvernote」と打ち込みます。

すると、「goEvernote」が見つかるので「Save」します。

次に、キーボード・ショートカットとの結びつけをします。この「Trigger」あたりをダブルクリックして、ウィンドウを展開します。

「HotKey」に、任意のキーボード・ショートカットを入力します。僕は、[ option + control + , ]にしてみました。

以上で設定は終わりです。

後は、[ option + control + , ]で、「goEvernote」が起動します。割と面倒というか、かなり設定が多いので大変です。

ですが、僕は、常用しているアプリはほとんど「Quick Silver」で設定したショートカットから起動してます。キーボードから呼び出すのって、スーパープログラマみたいでかっけーんす。