Mac

MarsEditで貼り付ける画像の最大横幅・縦幅を設定する

MarsEditの魅力は、なんと言っても画像の貼り付けが楽で楽しすぎる点。

エディタに画像をドラッグ&ドロップすると画像のコードが埋め込まれます。スクリーンショット多用の記事でもストレス・フリーに書けて、頭髪もふさふさです。

しかし、ちょっと困った点がありました。

画像を貼り付けるとこのように画像の横幅・縦幅とか配置(左・中央・右)を設定する画面になります。

ここが標準で横幅600pxとなってるんです。僕はブログ記事の横幅を500pxにしているので、画像の最大横幅も500pxにしてます。ですので、ここを「500」と毎回打ち込んでいます。面倒す。

一時期、メニューバーの設定[ command + ,]にあるかなと探して無かったので諦めてました。しかし、このブログ記事の一覧が見える画面(起動画面)の下にある歯車から設定できましたのでシェアします。

貼り付ける画像の横幅・縦幅を設定

ブログ名を選択して、起動画面下の歯車から「Edit Setteings」をクリックします。

「Editting」→「Media Defaults」にある”Width”と”Height”から画像サイズを設定できます。僕は、Width = 500px, Height = 480pxにしました。

すると、ブログに画像を貼り付けたときに自動で横幅を500pxにしてくれます。こんな感じです。

ますますMarsEditが好きになったよ!

MarsEdit 3.4(¥3,450)