Evernote

1日のメモは1つのノートに!iPhone と Mac から Evernote にある同じノートにメモを集めよう!

僕のつるつるの脳みそは、すぐ忘れるようにできている。Evernoteを見返していると「三ヶ月前の僕こんなこと考えていたとか、すげー」とかよくある。

そんな僕は、iPhoneではPostEver、Macではカスタムしたアプリ(後述)でメモをEvernoteに送信している。今回の記事では、そのどちらからでも一つのノートに情報を集める方法を考えた。

ノートの題名が今回のキーポイント

Postever及び自作アプリ(後述)は、その年月日をもとに同じノートにメモを追加する。今回は、「yyyy/mm/dd」形式のノートタイトルで判別させる。

iPhoneでの設定

Posteverは、一日分のメモをEvernoteにある一つのノートにまとめる機能(PostEver Engine)がある。

PostEver 2.2.2(¥170)

「yyyy/mm/dd」形式でノートタイトルが表示されている場合は、特に問題ないが、違う場合は、「設定」→「一般」→「言語環境」→「書式→日本」および「カレンダー→西暦」とすると「yyyy/mm/dd」形式でノートタイトルが表示される。

また、投稿先のノートブックを「Macでの設定」と一致させる必要がある。

Macでの設定

下記URLから「memo2ever.app」をダウンロード。

http://develop.rakuishi.com/download/memo2ever.app.zip

AppleScriptエディタでこのアプリを開いて、一行目にある「000 Inbox」を自分の使うノートブックに変更。

こんな感じでメモを送信できる。

実際に動かすとこんな感じになる

「yyyy/mm/dd」形式に設定した後は、何も考えずにiPhoneもしくはMacからメモを送信するだけだ。便利すぎるぜ!

既知の問題点

Evernoteのノートが同期されていない状態で、異なるデバイスからメモを追加すると、エラーになる。こんな内容を送信した覚えないですとEvernoteから怒られる。

例)memo2everでメモを送信(Evernoteのローカルデータに保存)、同期させずにPostEverでメモを送信した場合。

このことから、memo2everのメモ送信前、送信後にEvernoteを同期させる必要があり、AppleScriptに同期させるコードを記入する必要がある。

以下の二つの方法が考えられるが、目下調査(検索)中である。誰か教えて下さい(泣)。

  • 同期のためのAppleScriptがEvernote側から用意されている
  • ApplescriptからEvernoteのショートカットキーを操作して、同期させる

まあ、Evernoteの同期頻度が5分毎に設定していると、問題はないと思うが。

そもそものきっかけは…

以前は、FastEverを愛用していたが、メモが散らばりやすく探すのに手間がかかった。

FastEver 1.9(¥170)

そこでPostEverを使用することになったのだが、一日のメモが一つのノートに集まるため、探す手間の軽減(同時に検索効率もアップ)、アイデアの流れを掴みやすくなるというメリットがあった。

また、PCを操作しているときは、下記ブログで紹介されているAppleScriptをアレンジしたもので一日のメモを一つのノートに集約していた。

そこで「一つのノートにまとめられるんじゃね?」と思ったのが今回の記事を書くことになったきっかけである。

参考:Evernoteへ超絶簡単にメモ出来るスクリプトがとにかく素晴らしすぎる! | goryugo

追記(2011/11/30)

ここで紹介するアプリの同期に関する問題を@knk_nさんが解決しています。「ぽすてん」として、以下の記事で紹介されています。

via: MacからのメモをPostEverと合体させる @knk_n作「ぽすてん」 | goryugo