Mac

[Mac] タブを閉じようとしてブラウザを終了してしまうので、ショートカットを変えてみた

ブラウザで大量に開いたタブをキーボード・ショートカットで閉じようとして、ブラウザを閉じてしまったことってありませんか?

キーボード・ショートカットのタブを閉じる[ command + W ]と、ブラウザを終了する[ command + Q ]の”W”と”Q”の位置が隣同士で、ついつい押してしまうんです!

週一で、やっちまってます(笑)。

さすがにタイポしすぎなので、[ command + Q ]を封印し、新しいショートカットを設定することにしました。

[ command + Q ]を「環境設定」から封印する

「システム環境設定」を起動して、キーボードを選択します。

「キーボードショートカット」を選択して、「アプリケーション」から「+」ボタンで新しいショートカットの設定を追加します。

にゅるんとウィンドウが現れるので、各項目を埋めていきます。

「アプリケーション」に使っているブラウザを指定します。僕の場合は、「Google Chrome」です。以降、メインブラウザが「Google Chrome」でない場合は、各自使用しているブラウザ(Safari, Firefoxなど)に変更します。

メニュータイトルに「Google Chrome を終了」と一字一句間違えずに打ち込みます。ここで注意したいのは、半角スペースを入力し忘れないことです。コピー&ペーストすると確実です。

で、最後にキーボード・ショートカットを入力します。ここでは、[ command + option + Q ]としました。押しにくく設定しています。

後は、「追加」ボタンを押して完成です。

こんな感じにショートカットが変わります

無事に設定されていたら、「Google Chrome を終了」のキーボード・ショートカットが指定したものに変わっています。

これで誤って、[ command + Q ]でブラウザを終了してしまうことがなくなりました。

押し間違えても大丈夫な「遊び」ある安全対策をお試しあれ!