Evernote

Evernoteを8ヶ月間使い続けた僕の全ノートブックを公開します!

2011年の4月にEvernoteを使い始めてから、8ヶ月経ちました。

使い始めた頃は、MacとiPhoneで同じテキストを共有することにしか使っていませんでしたが、次第にライフログやブログネタ・研究資料を溜めるなどの使いかたに変わっていました。

そんな僕の現時点でのEvernoteのノートブック(+タグ)を公開します。MacとiPhoneでEvernoteを使っているので、それに絡んだ話もしてます。

Evernoteを利用する際の基本方針

まず最初に、Evernoteを続けるために意識していることを挙げてみます。

  • とりあえずEvernoteに突っ込んでみる
  • 記録しようかと迷ったら記録する(その瞬間は人生で二度とないよ)
  • 続けることからEvernoteに価値が生まれる
  • 楽しむことを忘れない

では、ノートブックの紹介にいってみましょう。

ノートブック一覧

ノートブックはこんな感じです。なるべく少ないノートブック数を維持してます。今の僕にとって、これで十分な感じです。

ノートブックは、先頭に数字を振ることで好きな順番にしています。

細かいノートブックの説明に移ります。

Inbox 〜 PictShare

まず最初に、情報が入ってくるインボックスでは、ダブルインボックスで運用しています。ある程度ノートが溜まったら、このインボックスのノートを適当なノートブックに振り分けています。ゼロ・ノートが理想的です。

goEver(Macアプリ)からのメモやWebクリップなどが入る「Inbox」ノートブックと、PictShareからの画像が入る「PictShare」ノートブックで分けてます。

PictShareから送信する写真は主にライフログ用なので、分類する重要度が低いことから、二つのインボックスに分けて運用するのが僕の肌に合ってました。

参考記事:R-style » goEvernote(仮)をQuickSilverでもう一段早く&改名しました

参考記事:[Evernote] ライフログ用inboxを作ったら、ライフログ写真の整理が楽になった! * ラクイシロク

長期選抜 〜 妄想ノート

「選抜」ノートブックには、研究室署名のテキストをおいていたり、今使ってるウェブサービスのアカウントをいれています。高頻度で見返すノートブックとなっています。

「妄想ノート」には、まだまだ成長するであろうアイデアのカケラを入れています。

例えば、「金稼ぎの方法」と書かれたノートは、ハワイのオアフ島で作成したものです。金属探知機でビーチの落し物を探してるおじさんを見て、「金属探知機による貴金属の探索と売買」というメモを残しました。売買ではなくて、売却ですね(笑)。

金稼ぎの方法がここから膨らみそうだったので、妄想ノートに移して寝かしておきました。それで見返した時にふと「流木だ!」と思いついたので、「流木を拾ってネット販売」という一文を付け加えました。

これで海岸近くに住んでて、他に金を稼ぐ方法がないときに食いぶちが見つかりました(笑)。

こんな風に自分の中でアイデアを膨らませそうなのをいれてます。なるべくノート数を抑えて、閲覧性を高める(=見返したくなる)のがコツです。

ライフログ

「ライフログ」ノートブックには、ライフログ関連のテキスト・写真・動画をすべていれてます。

それらのノートのログの内容によって、タグで分類しています。実際に以下のタグでライフログ内のノートを分類してます。ライフログ用に使うタグには先頭に「*」と数字を入れて、いい感じにタグが並ぶようにしています。

「ライフログ」というノートブックで一括管理しているのは、インボックスからのノートを分類するときに迷わないようにするためです。後、とりあえず入れておいて、暇なときにタグを付けるといったこともできるので。

ここで個人的に役に立ってるタグをピックアップして説明します。

「レンタル」タグは、レンタルしたCDなどのレシート写真を入れておいて、次にレンタルショップに行ったときに「何借りるんだっけ?」と思ったときに、ここを見返してます。

「ドナドナ」タグは、売却したゲームソフト、CD、書籍などを映した写真に付けるタグです。手放したものでも、自分の人生に関わった大事なものですので、記録にとっておきます。

僕のオススメは「オミクジ」タグです。一年に数枚しかノートが増えませんが、これまでの人生で何回大吉を引いたか分かります。来る2012年に引いたオミクジの写真にこのタグをつけましょう。

写真は、恋占いのオミクジです。大吉ですよ!

ブログネタ 〜 プログラミング

「ブログネタ」ノートブックには、名前の通りブログのネタを突っ込んでます。ブログネタは、基本的にFastEver(iPhoneアプリ)とGoEver(Macアプリ)で書いたブログメモをここに放り投げています。使ったブログネタは、象の墓場に格納されます。

「プログラミング」ノートブックは、現在興味のあるAppleScriptとiPhone SDK関連のウェブクリップを放り投げています。後は、ソースコードを丸コピしたのをノートに貼り付けたり、スクショを貼り付けたり。

研究 〜 就活

「研究」ノートブックには、研究に関連する文章とか参考文献を突っ込んでます。後は、担当教員から送られてきたメールを転送したものも、ここにいれることにしています。研究の空き時間に、実験手法とかのテキストをここにぶち込んでおいたのが、卒業論文を書くときに役立ちました。

「就活」ノートブックには、先輩がいいよって言ってた企業名のメモを中心に、アルバイト用に書いた履歴書の写真や、就活についてのアドバイスが載ってるウェブサイトのクリップ、就活で使えそうな自分のアピールポイントなどのメモをここに入れています。来年度以降に、活発になるノートブックですね。

象の墓場

利用頻度が少ないものは、「象の墓場」に入れます。ほとんどのノートがここのノートブックに入ります。後で取り出したいと思うものは、壁紙・添付などのタグを付けて墓場に放り投げてます。

ATOK Pad

ATOK Padは、ATOK PadシリーズでEvernoteに同期すると自動的にできるノートブックです。FastEverは、一度このATOK Padに送ってます。いっちゃえば第三のインボックスですね。

ATOK Pad for Macの起動が良すぎる(ホットキー2連打)ので、ここに入った状態でブログを書きあげちゃうことも多々あります。

iPhone App

FastEver 1.9.3(¥170)

ATOK Pad 3.2.0(¥1,200)

Mac App

ATOK Pad 2.0.0(無料)

参考記事:FastEverの「メモの保管場所」として、ATOK Padを使うとEvernoteがすげー便利になった | goryugo

Evernoteの使いかたのまとめ

まとめると、僕はEvernoteを以下の用途に使ってます。

  • ライフログ
  • ブログ・プログラミングネタ帳
  • 研究、就職活動などのプロジェクト関連のまとめ

おわりに

今年はEvernoteを使っているうちに、人生は過ぎていくものじゃなくて、積み重ねていくものだと思いました。

Evernoteにある全2700ノートには、僕の行動履歴や考えたものがすべて残っています。あなたは、今年何をして何を考えましたか?

この記事がEvernoteのノートブックの使いかたに悩んでいる人に届けばいいなと思います。