Evernote

iPhone で快適な Evernote ライフを送るのに揃えておきたいアプリ

Evernoteのノート作成は、やっぱり常に持ち歩いているiPhoneからがメインとなっています。

テキストと写真・動画をiPhoneからEvernoteに送ってますが、そのシーンで僕の使用しているiPhoneアプリを紹介します。

全部、Evernoteアプリからもできるのですが、やっぱり動作が重いのがネックです(iPhone4Sだとぬるぬる動くという噂ですが)。

Evernote 4.1.7(無料)

今回、紹介するアプリは、どれも軽快に動作する素敵なアプリです。軽快に動作するというのは、そのツールを使い続ける上で大事な点ですよね。

テキスト

メモ・アイデア・ネタのテキストなどは、すべてFastEverでEvernoteに送ってます。スワイプによるカーソル移動、スワイプダウンによるキーボード隠しなど細かいところが良すぎます。

FastEver 1.9.3(¥170)

FastEverからのテキストは、ATOK Padで作成された「ATOK Pad」ノートブックに送っています。ATOK Padは、変換精度を全面に売りに出していますが、実はEvernoteにあるノートブック(Atok Pad)のノートを編集できる唯一無二(多分)のアプリです。

FastEverから送られたブログネタやアイデアが書かれたノートは、「ATOK Pad」ノートブックでもう一度見て、膨らませてます。ノートを見返すのに、このATOK Padは便利です。

ATOK Pad 3.2.0(¥1,200)

参考記事:FastEverの「メモの保管場所」として、ATOK Padを使うとEvernoteがすげー便利になった | goryugo

写真・動画

起動が早くないと写真・動画を撮ろうという気になりませんし、シャッターチャンスを逃してしまいます。

OneCam(写真)、15秒(動画)は起動も素早くて、さくっと撮影できます。また、シャッター音が無音なので、赤ちゃんや動物を驚かすことなく撮影できます。

OneCam 2.6.0(¥170)

15秒 - 動画カメラ 1.3.3(¥85)

撮影した写真・動画は、PictShareでまとめてEvernoteに送信しましょう。PictShareは、他にも色々なクラウドサービスに写真・動画を送れる便利なアプリです。

PictShare 2.6.2(¥250)

おわりに

Evernoteを新しく始めたいという方は、これらのアプリを揃えればとりあえずOKではないでしょうか?

使ってみて自分の肌に合わなかったら使う道具を変えて、自分なりの方法を構築しましょう。きっと楽しいですよ。