Mac

元Windowsユーザーの僕が感じたMacの便利・素敵な点を6つ挙げてみる

僕は、以前Windowsを使っていましたが、二年前からMacを使っています。パソコンを触ることが好きなので、別にどのOSが好きとか嫌いとかないのですが、最近ではMacに惚れ込んでいます。

そこでWindowsに親しんでいた僕だからこそ書けるMacの便利・素敵な点を6つほど挙げていきます。

Macへの乗り換えを検討している方の参考になればと思います。

アプリ(プログラム)の削除が「ゴミ箱に捨てる」

これは驚きでした。

確かに、Windowsでもインストールする必要のない小さなプログラムは、ゴミ箱に捨てるだけでOKでした。

一方、インストールしたプログラムは、コントロールパネルの「プログラムの削除」から探して(一覧表示させるのに凄く待たされる)、アンインストールする必要があります。

しかし、Macではアプリ(プログラム)は、基本的にゴミ箱に捨てるだけで削除(アンインストール)が出来ます。

ウインドウが非アクティブでもスクロールできる

これはMacを使ってから、Windowsが不便だと感じた個人的ナンバーワンです。

このように二枚ウィンドウを並べているケース。この時、左側のウィンドウを操作しています(アクティブ状態)。ここで、右側にマウスカーソルを持っていって、スクロール移動するとMacでは当然のように移動できますが、Windowsだと移動できないです。

調べ物をしながら文章を書いている時に、ストレスを感じないので、Windowsにも是非、取り入れてもらいたい機能ですね。

環境設定(コントロールパネル)の閲覧性

Windowsのコントロールパネルは、一見して何をどうすればよいのか分かりませんが、Macの環境設定(コントロールパネルに当たる)は、個人的にぱっと見で分かります。

PDFフレンドリー

WindowsパソコンでPDFファイルを開くのは正直好きではありませんでした。使っているPCのスペックもあるのでしょうが、とにかく重くて仕方ありませんでした。

ブラウザでPDFを開くアドレスを踏んでしまった時の苛立ちといったらありません。

しかし、MacはPDFフレンドリーなんです。Macに標準で入っているプレビューというアプリで、さくさく開けます。

Macを触ってからは、僕自身がPDFフレンドリーになりました。

スペースでクイックルック

Macでは、ファイルを選択してスペースを押すと、プログラムで開くのとは別な感じでその中身をさくっと見ることができます。

これで探しているファイルをすぐに見つけることが出来ます。このサクサク感は凄いですよ。

フォントが美麗すぎる

僕がMacに買い換えた一番の理由は、フォントの綺麗さに惚れたからです。

Windowsではフォントがドットで描画されてるのに対して、Macではドット+影ないい感じで描画されてる。

Windows VistaでMeiryoフォントが実装されて、多少マシになりましたが、Windowsを触るたびに「フォントが汚いなあ」と呟いてしまいます。

おわりに

Macの購入を少しでも考えている方は、Apple StoreでMacを触るときに、以下の三点を試してもらえれば、Macの良さが分かるかなと思ってます。

  1. ウェブブラウザで表示されるフォントの美麗さに惚れる。
  2. スペースを押して、クイックルックしてみる。
  3. 環境設定を起動してみる。

ちなみに、お店に置いてあるMac(出荷状態)では「タップでクリック」が有効になってないので、トラックパッドを押し込まなければいけませんが、環境設定で変更できます。これは、店頭のMacを触るたびに、僕が毎回ストレスに感じる点だったりします。

少しでもMacに興味が湧いたら、Apple Storeにレッツゴーです!