Evernote

[iPhone] 素早く簡単にEvernoteにメモをとれる FastEver, PostEver の特徴と使用例

アクセス解析を眺めていると、検索で「FastEver PostEver」と来られる方が多かったので、それぞれのアプリをどのように使い分ければいいのか困っている方が多いのではないかと思われます。

この記事では、僕が使っているうちに感じた「FastEver」と「PostEver」それぞれの特徴を書いてみます。

アプリの使い分けに困っている方の参考になれば幸いです。

共通点

「FastEver」「PostEver」ともに、Evernoteへのノート作成が簡単に出来ます。また、以下の点が共通している性能となっています。

  • 起動スピードは大体同じ
  • 起動した瞬間にキーボードがアクティブになる
  • Evernoteにテキストを送信できる
  • 指定ノートブック・タグを指定できる
  • チェックボックスを入力できる
  • TextExpanderに対応している
  • ATOK Padと連動している
  • ジオタグを付加できる

それでは、それぞれのアプリの特徴について書いていきます。

FastEver

FastEver 1.9.3(¥170)

FastEverの特徴としては、以下の点が挙げられます。

  • キーボードを下スワイプで下げられる
  • 左右スワイプでテキストカーソル移動
  • タイムスタンプを入力できる(定型文入力にも使える)

このように、テキスト入力が楽になる配慮があります。僕は、実際にこのFastEverでメモ・アイデア・ブログネタを書いています。特に、左右スワイプでテキストカーソル移動は、iOSで標準に搭載されて欲しいほどです。

参考記事:[iPhone] FastEverのタイムスタンプのカスタム書式で定型文を呼び出してみる * ラクイシロク

PostEver

PostEver 2.3.0(¥600)

PostEverの特徴としては、以下の点が挙げられます。

  • 1日分のメモを1つのノートブックにまとめる機能がある
  • 象さんアニメーションがキュート
  • 画像も送れる

このように、1日のメモ+画像をまとめることができるので、その日の流れを記録するのに適しています。そのためライフログをとるのに、PostEverが使われています。寝てる間に見た夢のメモ、通勤・通学中に感じたこと、ご飯の写真、感情の揺れ、その日の良かった3点などを同じノートにとることで、その日を簡単に思い出すことができます。

おわりに

以上、簡単にですがFastEver, PostEverの特徴と使用例を書いてみました。

PostEverは、最近値上がりされたのですが、機能制限された無料バージョンがありますので、まだダウンロードされていない方は、一度試してみては?

PostEver Lite 1.0.1(無料)