Blog

形をトリガーにする暗記術 〜 9-12月のアルファベットの最初のスペルが思い出せない人に 〜

僕は、9-12月のアルファベットの最初のスペルが思い出せなかった。

慣れている人でない限り、1月から順に口慣らしで覚えていると思うが、僕の場合「January, February, March, April, May, June, July, August, … , … , Se , … , O , Ouh!」という風に、9月以降の順番が曖昧だった。

September, October, November, December が、9~12月のどれかに当てはまることは覚えているのだけれど、どれがどれだか結びつけられないのだ。困ったことである。

しかし、それは中学1年生の時に発明した独自の暗記術で解決した。

そんな暗記方法を帰省した時に、弟(生意気である)に話したら、珍しく「凄いじゃん」というお言葉を頂いたので、紹介します。

数字とアルファベットの形をトリガーにする

僕は、月の数字とアルファベットの形をトリガーに記憶している。他の暗記についても、形をトリガーにして記憶することが多かったので、僕の脳味噌の仕組みに合っているのだと思う。

ここで紹介するのは、数字を変形して、それに対応したアルファベットの最初のスペルにする方法である。

9月 → September

数字の “9” の重なりあう部分がぐにゃんと脱力して、September の “S” になります。

10月 → October

数字の “10” の十の位である “1” を削ると、October の “O” になります。

11月 → November

数字の “11” にスラッシュを追加すると、November の “N” になります。

12月 → December

数字の “12” の間を詰めて合体させる。そして、下の部分(”2”の接地部分)を削ると、December の “D” になります。

おわりに

試験勉強は、基本的に一人で行うことが多かったのですが、たまにグループになって一緒に勉強してみると、他の人の発想に感心することがあります。

そういった本人にとっては普通のことでも、他人にとっては特別なことって多いですよね。「常識とは、偏見のコレクションである」とは、アルベルト・アインシュタインも、上手いことを言ったものです。