Evernote

[Evernote] ライフログを徹底活用する! 〜 お腹を壊す原因リストの作成 〜

僕はお腹が弱く、特に成長期で体調が安定しなかった中学生の時は、腹痛との戦いでした。

成長期が終わった今日でも、たまにお腹を壊すことがあります。それはたいてい食事による場合が多いのですが、去年の4月からライフログを溜めているおかげで、僕のお腹を壊す原因リストが出来上がってきました。

僕の「お腹を壊す原因リスト」

お腹が痛くなった時に更新しているノートで、お腹を壊す原因が書かれています。

でも、こういうのって、ぱっと思いつかないですよね?

しかし、ライフログを残しているのであれば、こういったノートは簡単に作成することができます。その「コツ」とか「方法」をここで紹介します。

「お腹を壊す原因リスト」作りかた

前提条件

Evernoteに蓄積されたライフログを徹底活用しますので、ある程度情報量がないと厳しいかもしれないです。

また、お腹を壊したら、Twitterで「お腹が痛い」と呟く。または、Evernoteに送信している日記とかに書き散らすと、後々便利です。

ちなみに、呟きはツイエバでEvernoteに送っていますので、これまでのすべての呟きがEvernoteから参照できることになります。

ツイエバ - TwitterをEvernoteへ

頑張って検索する

で、後から「お腹が痛い」「腹痛」「ゲシュタルト崩壊」などと検索をかけまくります。力技ですが、いい感じにノートが検索結果に現れます。こんな感じです。

「酔った」と書いてあるので、「飲み会があったのかな?」と同じ日のノートを見返すと、この日は研究室の飲み会がありました。そこで食べたビーフジャーキーが駄目なようです。この日、飲み会の場を映した写真がありますが、載せられない有様でした(笑)。

また、研究室の同年代の実験を徹夜で手伝った後の呟きにも、お腹を壊す原因が書いてありました。

坦々麺。

同じ日付に撮った写真を探してみると、辛そうな坦々麺が発掘されました。そういえば、翌日の朝、一時間ぐらいトイレに篭ってた気がする。坦々麺コワイ。坦々麺モウタベナイ。

後、この時、どうやら調子に乗って、にんにくパンチを坦々麺に入れてた様子。坦々麺とにんにくの相乗効果で、翌日のお腹がパンチしてます。それにしてもなんで、にんにくパンチなんて、撮ってるんだろう…。

これらのものを余裕ぶっこいて、あまり食べ過ぎないように注意しますです。後は、徹夜とかしないようにします。ふんす。

ライフログを見直して、ノートに書き溜める

見返しから得た知見を新しく作成したノートに書き溜めるだけです。

イエス!

これで、もう腹痛とはおさらばですね!

おわりに

Evernoteにある「お腹を壊す原因」を調べる際に、ついつい他のノートに気移りして、寄り道してしまう。しかし、その過程で思わぬ発見が得られたりと、なかなか面白いです。

こういう体験は、Evernoteを始めたからこそ出来るもので、「通過していった自分」を拾いあげてくれるEvernoteへのラブが深まるばかりです。