Web Service

CSS のエラー・タイプミス・誤用をチェックしてくれる「W3C CSS 検証サービス」

CSS は、エラー・タイプミス・誤用などがあっても正常に動いているように見える。

また、普通のテキストエディタで編集できるので他言語のプログラムエディタのようにチェックするということもないので、そこに含まれているエラー・タイプミスなどに気づけません。

そこで登場するのが、W3C CSS 検証サービスです。

このツールは、あなたのスタイルシートを CSS 仕様と比較するだけではなく、エラーやタイプミス、CSS の誤用などを発見してくれるという、素晴らしすぎる検証サービス。

ブログテーマを自作したので検証してみました

先日、僕は WordPress のブログテーマを自作しましたので、早速チェックしてみました。検証サービスにて、以下のように入力。アドレスは、WordPress における CSS の在り処です。

  • http://ドメイン名/wp-content/themes/テーマ名/style.css
  • CSS レベル 3

そして、「検証する」ボタンを押した、結果は、じゃん!

この「存在しません」のオンパレード。

ですが、エラー箇所が日本語で表示されてるので、どこをどう修正すればいいのかだいたい検討がつきます。

指摘された誤りを修正して、「検証する」ボタンを再度押しました。

そんなわけで、高度な相互運用性に対する配慮を行った僕は(えっへん)、こんなアイコンを頂きました。

皆さんも一度チェックしてみましょう。アイコンも貰えるし。