Blog

ツールを知ることで、発想も行動も変わる

先日、ツールに関するブログ記事を書いた際に、Evernote を見返してみると面白い種が転がっていた。今日はそれを育てていこうと思う。

ツールによる発想の変異

以前、Evernote オフ@名古屋で Evernote CEO のフィル・リービン氏がツールの話をされていた。その時の断片的なメモが Evernote に残っていたのだ。

詳しいことは、残念ながら Evernote を探してもなかったので、思い出して書いてみる。

例えば、何かを破壊したいとする。あなたならどうするだろうか? 多分、ハンマーを持ってくるだろう。しかし、ハンマーがなかった時代には、あなたはどう考えただろう? そう、そのツールを知ってからは、それを含めた考えかたをせざるを得ないのだ。その体験が、Evernote にはある。

こんな話だったような気がする。間違ってたらごめんなさい。

つまり、僕たちが、情報収集・整理しようとするとなると、Evernote を知った今、Evernote を使えばいいじゃんと、いの一番に考える。

視野が狭くなるという危険性も孕んでいるかもしれないが、ツールを知っているか否かでは、考えかたそのものが大きく変わってしまう。

発想と、そしてとれる行動も変わる

今年の1・2月に静岡県にインターンシップをした時の話。

その際に、パソコンでデータ処理を行う機会があったのですが、その単調な繰り返し作業の中で、なんかこれ、以前学んだプログラミング言語「なでしこ」で、自動化できるじゃんと思った。

関連:パソコン作業を自動化する!日本語プログラミング言語「なでしこ」講座を開いてきました

たぶん、その言語(ツール)を学習していないと、そういう発想には至らなかった。そして、つるつるの脳味噌をフル稼働させて、だいたい3〜4時間で、年間40時間ぐらい稼げる自動化プログラムを作成した。

このように、ツールを知っているか否かで、「これできるじゃん」という発想が違いますし、さらに行動そのものも異なってくる。

おわりに

当たり前のようで、なかなか意識しないことではありますが、そういうのを知ってるかどうかって、もの凄いアドバンテージだよなと思う次第です。