Blog

怒る演技・回転と記録・手書きで文章がぱっと書けない病 | 週刊ラクイシロク 2012年第11週

研究室の新人研修が終わり、やっと春休みになりました。

今週は、人がガチで酔ってダウンしている姿や、顔認識ビデオカメラに感動したり、固まった蜂蜜を温めたりとなかなか面白い週でした。

そんな今週に書き散らした文章などをまとめて記事にしてます。

怒る演技

僕が怒っている姿を見ることがないと多々言われます。しかし、僕自身は割と頻繁に怒っているので、その認識のずれは得なのかどうなのかよく分からないです。

昔から言われ続けていることなので、怒っているときは舌打ちをして、感情表現をアウトプットしているのですが、そういう怒る演技をしている自分を凄く客観的に見ている自分が後ろにいて、やっぱりこれは怒ってないんだろうなと自分でも思う次第です。

靴下の柄の統一

圧縮袋ラブな僕は、あらたなる圧縮袋を買うために近所にある大型スーパーに出向いて、そのついでにユニクロで同じ柄の靴下を買ってきました。

所有しているすべての靴下の柄を統一するには至っていませんが、これで靴下を探す手間が経るはずです。

回転と記録について

小学生の頃は、フロッピーディスク・光磁気ディスク(MO)にデータを書き込んだ。それらは、回転しながら円盤状に磁気で記録する。あの頃には想像できなかったが、彼らを再生するドライブは、もう中古ショップでしか販売されていないだろう。

そういえば、今の MacBook Air には中で回転する記録デバイスって含まれていないんじゃないだろうか? HD ではなくて、SDD なので。

人間では、頭の回転が悪いという表現があるが、実際は、たぶん人間の体に回転するパーツはないだろう。回転するパーツを用意してしまうと、血管がねじ切れたりするだろうから。人間だけに限らず、回転するパーツを持った生物っていないと思う。

今週落とした iPhone アプリ

なかなか使い勝手が素敵なメーラー。標準メーラーをホーム画面からどけて、試用運転中です。

Sparrow 1.0.1(¥250)

バッジで訪問者・ページビュー数が分かる Google Analytics 連携アプリ。

Analytics StatsWidget 1.1(¥250)

一度キーボードで文章を打ち出さないと手書きで文章を書けない病

今年卒業する同期・先輩に向けた色紙にメッセージを書くことになりました。

しかし、書こうとしても全然言葉がまとまらないのです。隣ではすらすらと書いている友人がいるのですが、僕はどうもこういうとき何を書けばいいのか分からないので、こういうときにぱっと書ける人を尊敬してます。

このようなメッセージだけでなくて、履歴書・手紙・手書きレポートなどもどうも苦手です。

ですので、Mac や iPhone に頭の中にある思いつく限りの文字列を入力して、なんとか意味のまとまりのある文章にして、画面を見ながら、メッセージを書くという手続きを踏んでいます。ブログもそうだったり。

こうしないと本当になんにも書けないのです。

なんか、自分の周囲では僕だけっぽいので仲間を募集中です。

週刊フェイバリットツイート