Mac

Xcode 4.3 以降の iOSシミュレータの場所

Xcode は、以前、デベロッパフォルダに格納されていました。

しかし、Xcode 4.3 からアプリケーションフォルダに格納されるように仕様変更されました。

それにともなって、Developper Tool(Instrument, Application Loader)などが Xcode アプリの中に格納されることになりました。

という経緯で、デベロッパフォルダにあった iOS シミュレータが行方不明になりました。

Xcode 4.3 以降の iOSシミュレータの場所

iOS シミュレータは、Xcode アプリの中にあります。

Xcode.app を右クリックして、「パッケージの内容を表示」を選びます。

で、以下の長ったらしい場所に iOSシミュレータが眠っています。

Contents/Developer/Platforms/iPhoneSimulator.platform/Developer/Applications/iOSシミュレータ.app

これで、iOSシミュレータで iPhone 用モバイルテーマを表示させたりできますね。