Mac

キーボードからアプリを起動できるランチャーアプリ「Alfred」をさらに便利に使う3つのスパイス

タッチタイピングを覚えると、PC操作が断然楽になる。僕が覚えたての頃は、スーパーハッカー気分を味わっていたものだ。

さらに、格好良くPCを操作したいという方にオススメなのが、ランチャーアプリである。アプリを起動するためにわざわざマウス(トラックパッド)に手を伸ばすことなく、アプリ名をキーボードで打ち込むだけで起動できるのだ。

今回、紹介するのは、僕が愛用している「Alfred」というランチャーアプリ。

Alfred 0.9.10(無料)

このアプリは、こんなことができる。

  • アプリケーション起動
  • ファイル検索, ファイル・オープン
  • Web検索, アドレス検索
  • 終了, 再起動, スリープ

基本的な操作は以下のブログが詳しいので割愛。

参考:Quick Silverを超えた?AlfredでMacをカチャカチャ使う *男子ハック

3つのスパイスでさらにAlfredをカチャカチャ使おう

ここでは、僕自身のAlfredを便利に使う方法を3つ紹介する。

1. 計算結果をクリップボードにコピー

Alfredに数式を打ち込んでエンターキー押すと、計算結果をクリップボードにコピーできる。ちなみに、Spotlightでも計算できるが、計算結果を取得できないと思う。

2. 素早く辞書を引いたり、翻訳する

Alfredがあれば、辞書を引くために標準アプリの辞書を起動する必要も、翻訳サイトを開く必要はない。

このように、「di(半角スペース)調べたい文章」と入力すれば辞書をサクっと開ける。

初期状態では、diではなくdefine。「Alfred Preferences」→「Features」→「Spelling」から任意のKeywordに変更可能。

また、「tr(半角スペース)翻訳したい文章」と入力すればGoogle翻訳にサクっとアクセスできる。

初期状態では、trではなくtranslate。「Alfred Preferences」→「Features」→「Web Searches」から任意のKeywordに変更可能。

3. 指定したウェブページをアプリのように起動する

ここで、予定を確認するためにGoogleカレンダーを開くための手順を考えよう。

  1. Webブラウザを起動
  2. 登録してあるブックマークをクリック

Alfredを使うとこのようになる。

  1. Alfredをキーボード・ショートカットで起動
  2. 「cal(任意のKeyword)」とタイプ

手順数は変わらないが、慣れるとAlfredの方が早いと感じるはずだ。また、他のURLも指定することができる。頻繁に使うWebサービスを登録しておくと便利。

Alfred Preferences→Features→Custom Searchesから任意のKeyword, Sarch URLを変更可能。

おわりに

最初の導入は面倒だと思うかもしれないが、慣れると手放せなくなること間違いなしである。

ちなみに、僕は、他人のMacを触ったときに、何度もAlfredをキーボード・ショートカットで開こうとして「あれ、変だなあ」と呟くぐらいヘビー・ユーザだ。