Mac

[OS X Lion] Mac を無線 LAN 親機にして繋がらない場合の対処法

使っていた無線 LAN 親機(AirMac Express)が故障中なので、iPad がただの板になってしまいました。

新しい無線 LAN 親機を買うまでに、昔書いた Mac を無線 LAN 親機にする方法という記事を参考に、iPad で快適ネットライフを送ろうとしたのですが、下図のように Wi-Fi マークはあるけれど、ページが見れないという状態に。

@hamadalabs さんに、「Lion のインターネット共有の DHCP が挙動不審なので、DNS を手動設定すると解決する」と教わったので、試してみたら無事にインターネット共有機能が使えましたので、メモしておきます。

インターネット共有している Mac から DNS を確認

まずは、親機にしている Mac の DNS(ネームサーバーアドレス)を確認します。

「システム環境設定」→「ネットワーク」→「Wi-Fi」→「詳細…」を選択します。

それで「DNS」タブから「DNS サーバ」の値を確認しておきます。ここでは、二種類の DNS サーバを使用しています。

次の作業で必要なので、どちらかをメモしておきます。

共有を利用する端末側での設定

次は、共有させてもらう 端末側での設定です。ここでは、iPad を例にしていますが、他の端末でも同じようにすれば出来ると思います。

このように、Mac を無線 LAN 親機にする方法を行った後、一応接続されていると思うので、右の青矢印ボタンをタップします。

初期設定では、ルーターと DNS に共通のアドレスが振り分けられています。

この DNS の値を先ほどメモした値にします。

これで、無事にインターネット共有が利用できているはずです。

おわりに

iPad が無事に本来の力を発揮できるようになったので、早速、Twitter アプリとか、色々と試しています。

ちなみに、このインターネット共有で使う暗号化は、セキュリティ的にあまりよろしくないようなので、早く無線 LAN 親機を買わねばならんとです。

最後になりましたが、ハマダラボさんに感謝。