Mac

複数の Mac で、アプリ設定を共有する方法

家では、iMac、研究室では MacBook Air を使用していますが、その Mac 間でアプリの設定などを共有させたい時があります。

今回、愛用しているスニペットアプリ DashExpander で登録した情報をどちらの Mac でも扱えるように Dropbox を経由して、共有(同期)させることにしました。

DashExpander 1.5.3(無料)

何度か別のアプリで、アプリの設定を共有させてきたのですが、やる度にその方法を忘れてしまうので、ブログに書いておきます。

前準備1:SymbolicLinker の準備

複数間の Mac でアプリ設定を同期させるために、SymbolicLinker を使用します。

SymbolicLinker で、設定ファイルの場所を指すショートカットを作成し、アプリにそれを設定ファイルだと思い込ませます。一方、そのアプリの設定ファイルを Dropbox に移動すれば、これでアプリ設定が同期できるというわけです。

以下のサイトで、Download SymbolicLinker から、SymbolicLinker の dmg ファイルをダウンロード → 展開 → SymbolicLinker.service を開いておきます。開くだけで特にアクションは起きませんが、これで OK です。

SymbolicLinker

前準備2:ライブラリフォルダへのアクセス

アプリの設定ファイルは、ライブラリフォルダに存在します。

ライブラリフォルダは特殊な場所なので、通常では見ることが出来ません。これを見ることが出来るようにするには、以下の2つの方法があります。

いずれかの方法でアクセスしてみて下さい。

1. ターミナルでライブラリフォルダが見れるように変更する。

ターミナルで以下のコマンドを打ち込むと、ライブラリフォルダが見れるようになります。

chflags nohidden ~/Library/

ちなみに、元通りに隠すには、以下のコマンドを打ち込みます。

chflags hidden ~/Library

2. option を押しながら移動する。

Finder メニューバーの「移動」で option を押すとライブラリへの道が開けるので、ここから移動します。

では、SymbolicLinker で、アプリ設定を共有していきましょう

ライブラリフォルダには、アプリ設定ファイルが存在しています。

今回、目的とする DashExpander の設定ファイルは、以下のアドレスにあります。

ユーザ/ユーザ名/ライブラリ/Application Support/DashExpander

このファイルを Dropbox の任意の場所に移動します(移動させる前に、対象アプリを終了しておきます)。

移動した先のファイルを右クリック → 「サービス」→「Make Symbolic Link」をします(サービスが省略されてる場合もあります)。

すると、ここでは DashExpander symlink というファイルが作成されます。

このファイルを先程まで、DashExpander ファイルが存在していた元の位置に移動させます。

ユーザ/ユーザ名/ライブラリ/Application Support/

移動させて、名前を「DashExpander symlink」→「DashExpander」に変更します。

これで、一度対象アプリを立ち上げてみて、設定が変わっていないことを確認します。

後は、同期させたい別の Mac で、Dropbox にある設定ファイルの Symbolic Link を作成 → ライブラリ内の設定ファイルの入ったフォルダを削除 → 作成した symlink を入れて、名前を変更するという手順を踏めば、複数の Mac で、アプリの設定を共有することが出来ます。

おわりに

最初は設定するのがかなり面倒なのですが、一度しておくと複数の Mac で同じ情報を扱えるので便利です。

僕は、この方法で、ブログエディタ MarsEdit の下書きも同期させています(MarsEdit の場合、ファイルを同期した後、閉じて起動しなおすと下書きが反映されます)。

MarsEdit 3.5.1(¥3,450)