開発

Quicka v1.2:画面を広く使える UI に変更・URL スキーム追加機能

Quicka が ver 1.2 になりました。App Store からアップデートできます。

  • 画面を広く使える UI に変更
  • URL スキームによる URL スキーム追加機能
  • その他細かな改善

画面を広く使える UI に変更

一番の大きな違いは、画面上部に設置していたバーを下に表示するようにしたことです。

これで、フリックキーボードで上3つしか表示されていなかったのが、4つになりました。微妙な変化ですが、より使いやすくなります。

編集・追加ボタンは、テーブルビューを下方向にスワイプすると表示されます。

URL スキームによる追加機能

正直、URL スキームを追加するのは、非常に面倒です。

そこで、Quicka に対応した URL スキームを追加できるページを用意しました。Import を押すとその URL スキームが自動で登録されます。

http://rakuishi.com/urlscheme.html

Quicka からも、右下のプラスボタン → Add from Library で、このページにジャンプできます。

例えば、iPhone のブラウザから、次の URL を踏むと Quicka が起動して URL スキームを自動で追加してくれるそんな機能。これは、withEver 1.9 のコールバック機能に対応した URL スキームです。

Search with withEver

ちなみに、以前の「withever://search?<@>」の方法で、検索ワードの後ろに & が付くという意見・レビューを頂きましたが、あれは、withEver 側の仕様変更によるもので、僕としては対処の仕様がないです。

URL スキームを公開してくださるブロガーさん向けに

Quicka に URL スキームを登録するための、Qucika の URL スキームは次のような構成となっています。

quicka://add?title=XXX&url=YYY

XXX と YYY に、各々の値を入れれば Quicka に自動でジャンプします。この場合、XXX というタイトルで、YYY にジャンプする URL スキームになります。

ここで注意してもらいたいのが、url にはエンコードしたものを使用するという点。

例えば、登録したいのが、以下の URL スキームである場合。

withever://search?<@>&callback=quicka://

次のように、エンコードしたものを使用します。

withever%3a%2f%2fsearch%3f%3c%40%3e%26callback%3dquicka%3a%2f%2f

なので、URL スキーム全体としては、このようになります。

quicka://add?title=Search with withEver&url=withever%3a%2f%2fsearch%3f%3c%40%3e%26callback%3dquicka%3a%2f%2f

ブログに貼り付ける場合は、a タグを利用して、こんな感じです。

<a href="quicka://add?title=Search with withEver&url=withever%3a%2f%2fsearch%3f%3c%40%3e%26callback%3dquicka%3a%2f%2f">Search with withEver</a>

エンコードには、以下のようなエンコード出来るサイトをご利用下さい。

URL エンコード、デコードもできる UTF8/16 変換ライブラリ [ JavaScript ]

その他細かな改善

URL スキームに # が含まれていた場合に、僕が意図しない変換をしていたことが分かったので、今回のアップデートで修正しました。

例えば、Web の Gmail 検索の URL スキームは、以下となりますが、これが正常にジャンプできるようになりました。

https://mail.google.com/mail/mu/mp/520/#tl/search/<@>

iPhone のブラウザで見てる場合は、次の URL を踏むと自動で Quicka に登録されます。

Search with Gmail

次回のアップデート予定

iPad を購入して、実機でテストできるようになりましたので、iPad 対応のユニバーサルアプリ化を予定しています(ブログでも関連した記事をちょこちょこ書いてます)。

今後とも「Quicka」をよろしくお願いします!

Quicka 1.2(¥85)