iOS

「iPhone を探す」機能は、実は Mac も探せるので、 MacBook ユーザも設定を確認しておくべき!

Apple 製品を4台所有していますラクイシ(@rakuishi07)です。

久しぶりに、「iPhone を探す」アプリを iPhone に入れてみたのですが、このアプリ、実は iPhone だけじゃなくて、iPad も Mac も探せるんですね!

すげえ!すげえ!と感動してしまったので紹介します。

iPhoneを探す 1.4(無料)

探すにはまず設定が必要です

探すには、iPhone, iPad, Mac で設定が必要です。さくっと説明します。

iOS(iPhone, iPad)

「設定」→「iCloud」から「iPhone を探す」をオンにする。

Mac

「システム環境設定」→「iCloud」から「Mac を探す」をオンにする。

これで、iOS と Mac が探せるようになります。では、探してみましょう!

探してみる

▼ 「iPhone を探す」を起動して、Apple ID とパスワードを入力すると以下の画面になります。

設定したすべての iOS, Mac が表示されています。なんか感動。

▼ 詳細見るとこんな感じで、現在位置が表示されます。

細かい住所はお見せできませんが、Wi-Fi 環境下だとかなり高精度。半径10m も離れてなかった。

▼ 後、表示されているデバイスをロックしたり、メッセージを送信したりできます。

試しにメッセージを送ってみましょう。

メッセージを入力して、「送信」!

▼ 数秒後に、MBA にポップアップが表示されました。

なんかすげえ!

他にもロックを試してみましたが、期待通りロックされます!

ちなみに

この機能は、iCloud 上からでもデバイス位置を特定できます。

https://www.icloud.com/#find

もしもの時に備えて全部の機種で有効にしておきたいです。というか、必須ですね!