Web Service

Google Analytics で、検索キーワードごとの訪問者数の推移を調べる方法

日々、PV が増えるのが楽しみなラクイシ(@rakuishi07)です。

成長が数値でリアルに感じられるブログは、書き続けていてとても楽しいです。

さて、ブログを管理されている方の大体は、Google Analytics を導入されていると思います。

Google Analytics は、なんだか色々とカスタマイズできそうなんだけれど、全部面倒くさそうで、結局は一ヶ月間の PV を振り返るのにしか使用していないという方が多いんじゃないでしょうか?

この記事では、検索キーワードごとの訪問者数がどのように推移していくかのグラフを簡単に作る方法を紹介します。

▼ こんな感じのグラフです。

では、いってみましょう!

検索キーワードごとの訪問者数の推移を設定する

Google Analytics のページにアクセスします。

https://www.google.com/analytics/web/#dashboard/

それで、左肩のメニューから「ウィジェットを追加」しましょう(初期状態では、グラフは何も追加されてないはずです)。

それで、「タイムライン」というのを選びます。

指標に「訪問数」を追加します。図のように、検索すると探すのが楽です。

そして、「フィルタを追加」します。

検索キーワードを表示したいので、「キーワード」のディメンションを追加します。

テキストボックスに、タイムラインで見たい検索キーワードを入力します。最近、検索キーワードで見かける「kingdom rush」を設定してみました。

ウィジェットの名前を付けて、左下にある「保存」をクリックします。

するとこんな感じで、検索キーワードが検索された数のグラフが表示されます。

Kingdom Rush という iPad ゲームの攻略記事を書いたのが、5月2日からなので、そこからたくさん検索されてますが、最近は落ち目ですね。

おわりに

検索によるアクセスが好調なキーワードならその記事を書くと、よりブログがそのキーワードに強くなる気がしますね。

自分の書きたい記事を書くのが一番いいのでしょうが、ネタがない時にはこういうところから需要を発掘したりしています。

今回の記事は、先月の一宮ブロガー合宿で、@akio0911 先生から学んだことを紹介してみました。感謝です!

ユーザーフローというのも面白いです。

参考:サイト訪問者がサイト内をどのように動いたのかわかる。Googleアナリティクス「ユーザーフロー」を使ってみた * 男子ハック