Mac

検索で Mac が加速するランチャーアプリ Alfred で使用している URL スキームをまとめてみた

iPhone からは、マイアプリ Quicka で、Mac からは、Alfred で検索しているラクイシ(@rakuishi07)です。

知らないことを調べる際は、まずネットで情報を検索しますが、今回紹介する Alfred を使用すれば検索がもっと便利になります。

ということで、検索で Mac が加速する Alfred で、使用している URL スキームを紹介していきます。

Alfred は、無料アプリです。

パワーアップする Powerpack が有料で用意されていますが、今回は、全部、無料で出来る方法を紹介しています。

Alfred 1.2(無料)

基本的な使い方は、男子ハックさんで紹介されています。→ Quick Silverを超えた?AlfredでMacをカチャカチャ使う * 男子ハック

基本だけど凄く便利!Alfred からの Google 検索!

Alfred で、一番使用するのがやっぱりこれです。

Alfred を呼び出して、検索単語を打ち込んで、enter で検索に飛びます。

ちなみに、アプリ名などを調べようとした時に、アプリが起動してしまう時があります。

そういう時は、「cmd + enter」で Google 検索に飛べるようにしています。

「環境設定」→「Advanced」→「Keyboard」で「cmd + ↩」を「Search with default web search」にすれば OK です。

Alfred で使用している URL スキーム

さてさて、ここからはさらに Alfred を便利に使える URL スキームを紹介していきます。

Google 検索(google.com)

普通に Google 検索する際、「google.co.jp」で検索してしまうので、英語で検索できる「google.com」バージョンを別に登録しています。

ここから検索することで、日本語ではマイナな情報を効率的に調べることが出来るので、研究やプログラミングの調べ物で多用してます。

以下の URL を踏むと Alfred に登録されます。「g_検索語句」で、使えます。アンダーバーは、半角スペースで。

http://google.com/search?q={query}

Google 翻訳

これがないと英論文・英語のフォーラムの英文をさくさくと翻訳できないです。

調べたい英文をコピーして、Alfred を起動して、ペーストして、enter するだけです。

「環境設定」→「Web Searches」に、標準で登録されています。Keyword を変えると便利になります。僕は “ t ” だけで、検索できるようにしています。

Google Scholar 検索(論文検索)

論文の検索も Alfred からしています。

「s_検索語句」で使用できます(アンダーバーは、半角スペース)。

http://scholar.google.com/scholar?q={query}

Gmail 検索

Gmail 検索は、Alfred から行えます。

「環境設定」→「Web Searches」に、標準で登録されています。僕は、keyword を変えて、 “ gs ” で、検索できるようにしています。

辞書検索

厳密には、URL スキームではないですが、やっぱり便利なので載せています。

標準辞書を検索できます。

素晴らしいのは、辞書を起動しなくても大体の意味を知れる点です(辞書を起動するのは地味に重いんです)。

英単語のスペリングもこれで確認してます。

「環境設定」→「Spelling」→「Define a word」で、キーワードを短縮できます。僕は “ d ” だけで、検索できるようにしています。

Omnifocus へのタスク追加

思い出したように使用している Omnifocus へのタスク追加。

「o_検索語句」で使用できます(アンダーバーは、半角スペース)。

omnifocus:///add?name={query}

Evernote 検索

Evernote での検索の快適さをがらっと変えた素晴らしい検索方法。

ブログ記事も書いています。→ [Mac] Alfred で Evernote がさくさく検索できるので、検索するのがもっと楽しくなった

以下の URL を踏むと Alfred に登録され、「e_検索語句」で使用できます(アンダーバーは、半角スペース)。

evernote://search/{query}

Evernote 検索(Web)

Web 上の Evernote を検索するときに使用します。Evernote アプリが重い時は、こちらで検索をかけます。

「ew_検索語句」で使用できます(アンダーバーは、半角スペース)。

https://www.evernote.com/Home.action#x={query}

自分のブログ検索

昔書いた記事を引っ張ってくる時に、ブログ検索を多く使用するので Alfred から検索できると便利。自分のブログを登録してます。

「r_検索語句」で使用できます(アンダーバーは、半角スペース)。

http://rakuishi.com/?s={query}

おわりに

iPhone では検索の効率化が話題になるのに、Mac のランチャーアプリから検索を効率化するのはあまり話題にならないので、書いてみました。

Alfred を導入していれば、Alfred 用の URL スキームを踏めば簡単に登録できるので、試してみて下さい!

@s_z_k_3 師匠の記事にも URL スキームが載っています。この記事とあわせてどうぞ!

参考:AlfredでEvernoteを検索する - s_z_k_3’s Scripts in Tumblr.com

iPhone & iPad から検索する時は、Quicka が便利ですよ。

Quicka 1.3(¥85)