Blog

シャンプーやボディーソープを使わずに、この2年石鹸だけで全身を洗ってる

村上春樹の「海辺のカフカ」で、カフカ少年が山頂にある小屋で暮らすシーンがある。

大雨が降った日、カフカ少年は裸になって小屋から出て、石鹸一つで頭の天辺から足の指先まで洗うという、なんだか僕にとって憧れるシチュエーションである。

その映像が離れなくて、「海辺のカフカ」を読んでから、石鹸だけで全身洗っている。それ以来、シャンプーとボディーソープを使用していない。

そういう背景があって、好きで石鹸生活をしているわけですが、世間一般で常識なシャンプーとボディーソープ生活からみて、石鹸に集約することによるメリットっぽいのを挙げてみます。

身体を洗うのが楽?

石鹸一つで体を洗う時は、髪の毛で石鹸を泡立てて、その泡を使って全身を洗える高等テクが使えます。

シャンプーで頭を洗ったらこの技がなんだか精神的に使えませんので、石鹸だけの技です。

石鹸で髪毛を洗うとぎしぎしが気になるかもしれませんが、基本的に頭皮のマッサージをすることを意識して髪を洗うとそこまで気にならないです(すすぎはしっかりね!)。

考えてみると頭皮も肌なので、同じもので洗うのは別におかしくないはずです。

買物で悩むことが減る

シャンプーとボディーソープは、まず同じタイミングでなくならないので買物のタイミングがばらばらです。

しかし、それらを石鹸に集約すれば買物の心配事が一つ減るし、たぶん節約になる!

また、僕の場合、石鹸の銘柄はカウブランドの青箱と決めているので、どれにしよっかなと悩むことがないので楽。

薬局に行ったら、あの青箱を買うだけです。

カウブランド石鹸 青箱バスサイズ135g*6個

おわりに

石鹸生活は、思った以上に楽です。また、石鹸は洗面台でも普通に使えるので、活躍の幅が広いのも、まる。

シャンプーとか、リンスとか、ボディーソープとか面倒で、ワイルドじゃないぜぇ〜とお思いの方は、一度、石鹸だけで全身を洗ってみて下さい。

違う世界の扉を開けるかも知れないですよ!