Mac

[Mac] 普段は隠れて見えない不可視ファイル usr を表示する方法

不可視ファイルに設定されている usr ディレクトリを表示する方法を紹介します。

Terminal で一括に不可視ファイルを可視化するコマンドもあるのですが、不可視に戻すのが面倒なので、ここでは、Finder のフォルダへ移動機能を使ってみます。

▼ まずは、Finder をアクティブにします。そして、「移動」→「フォルダへ移動…」を選択します。ショートカット(command + Shift + G)でも可です。

▼ フォルダの場所を入力する画面に「/usr」と打ち込んで、「移動」します。

▼ すると、不可視ファイルの「/usr」に移動できています!

一度、「/usr」と入力すれば、次からは「フォルダへ移動…」ダイアログに、最初から入力されているので移動が楽ちんです。

ショートカットと伏せて覚えていると便利だと思います。