iOS

Mac ⇔ iPhone 間のメモが、同期をほとんど意識することなく使えるのに感動した

iPhone のフォルダに入れて、長い間使わなかったメモアプリをドックでがしがし使うようになりました。

Mac の OS がバージョンアップして、iOS と親和性の高い Mountain Lion になって、Mac 側に iPhone のメモと連携出来るメモアプリが新しく追加されたからです。

OS X Mountain Lion 10.8(¥1,700)

Mac ⇔ iPhone 間で、快適なメモの同期をずっと探していた

iPhone と Mac 間のメモを共有するのは、iPhone を購入してからの関心事で、それが出来る Evernote をずっとメインに利用してきました。具体的には、ATOK Pad for iPhone, Mac で Evernote のメモを同期してきました。

ATOK Pad 4.5.0(¥1,200)

ATOK Pad 2.0.0(無料)

しかし、たまに同期が不安定だったり、同期忘れで内容がロストしているということが少なからずありました(上書きによるロストだと思う)。

また、ATOK Pad の iPhone アプリもいつかのメジャーアップデートで僕の iPhone4 には、処理が重くて、一時、ATOK Pad for iPhone の軽量版を開発しようかなとも思うぐらいでした。

Mountain Lion になってメモアプリが輝く!

ですが、Mountain Lion になって Mac と iPhone でメモが共有できるということで、埃をかぶっていたメモアプリを使い始めたのですが、これがなかなかどうして素晴らしいのです。

同期をほぼ意識することなく使える。

純正アプリの特権なのか気付くと勝手に同期されてる。

一応、メモアプリ(iPhone)を開いた時に、同期確認をしているので、このくるくるが消えるまで、心配なので待っています。同期日時が示されているので、絶対的な自信がある場合は、がしがしメモしてます。

出先で何気なくメモして、部屋に帰った時に立ち上げっぱなしだった Mac に、同期されてたのは感動でした。

今まで特に不満に思ったことはないです。

不要になったメモは Evernote に送ってる

完全に僕の中でメモとしての Evernote の役割を変えてしまいました。今、Evernote は完全に象の墓場化しています(笑)。

ですが、不要なメモは現状、メールで Evernote に送り、消去してフレッシュさを保っています。

今後、これを自動化できる仕組みが出来たらなと考えています(Mac 上のどのフォルダにメモデータが格納されているのかがいまいち分からないけど)。

でも、メールで送る際に内容を見返せるのでそれはそれでありなのかなとも思っています。

おわりに

「Mountain Lion にしたけれどなんの恩恵もないじゃん!」と嘆きの方は、このメモの快適さを知って下さい。

この快適さはかならず Mountain Lion にしたもとが取れるはずですよ!

※ちなみに、ATOK Pad for Mac は、その起動の手軽さが売りでしたが、Mac のメモアプリもランチャーアプリで起動、もしくはホットキーによる起動を設定してあげるとあまり変わりなくなります。僕は、Alfred の Powerpack を購入してるので、ホットキーで呼び出せるようにしています。