iOS

[iPhone][Mac] Day One:三日坊主の僕が日記を続るための美しくて楽しいアプリ

Day One という美しい日記アプリがある。

僕は今年の一月にこのアプリを購入した。が、何を書けばいいのかわからず、とりあえず、2012年1月12日に「お尻が切れてウォシュレットで悶え死ぬそんな便器での物語」という一文を残し、僕に日記は続けられぬと諦めて、このアプリを iPhone から消した。たぶん、消した理由の10%ぐらいは、お腹が痛くてむしゃくしゃしていたことに起因している。

時を経て、今月上旬、Gadget Girls の中の人(@spring_mao)が、たぶんほぼ毎日「Day One やばい!」「Day One まじやばい!」と叫んでいた。かつて iPhone から消したアプリだったが、そう何回も言われると流石に気になってきた。そういえば僕は、年始の彼女の記事を読んでアプリを購入した気がする。

今年はもっと記録する!”Day One”でいつでもどこでも裏ツイート - Gadget Girl

そして、10ヶ月ぶりに、iPhone に Day One をインストールした。

Day One - Journal 1.9.1(¥450)

それ以来、日記を続けられない三日坊主の僕が、三日坊主×7状態である。分かりやすくいうと21日ぐらい続いている。スゴイ。

何故、三日坊主な僕の日記が続いているのか、このアプリの機能と素晴らしさを交えながら、語ろうと思う。

Day One について

まず最初に、Day One の機能について語ろう。

Day One は、iPhone・iPad・Mac から日記を記録するアプリだ。日記は、iCloud または Dropbox に保存できるので消える心配がほぼないのがとてもいい。

日記に記録できる内容は、テキストと写真と天気情報と位置情報。テキストは Markdown に対応している。天気と位置は、iOS から記録した時に自動で残る。位置は、Foursquare のスポットからも選択できる。

ここまで書いてみると、Evernote でいいじゃんと思われるかもしれないが、僕の中では、この両者はかなり異なっている。このアプリは、日記を続けるために作られたアプリで、Evernote はそうではないといういい加減な理由だが。

ここからは、僕がこの Day One で日記を続けられている訳を語ろう。

日記を眺めているだけでにやにや楽しい

僕の中で Evernote との最大の違いはここにある。Day One は、眺めているだけで楽しいのだ。これは、Day One を買って、日記を書いてみないと分からないと思う。

適当な文章に、天気や気温や位置情報が追加されるし、サムネイルの見た目がいい。なんか人生充実している気がする。「生きているだけでリア充」が、僕の座右の銘だが、さらにそれを加速させてくる。

後、Evernote と違って軽いのがいい。まだ 50 件ぐらいしか突っ込んでないので、単純比較できないけど。

画像を貼っただけで日記を書けた気がして楽しい

その日購入した音楽のアートワークや、アプリのアートワークを張っている。これを見返すとかなり楽しい。楽しいしか言ってないが、楽しいのだから仕方ない。これは Evernote でも出来るじゃんとか言わない。

僕の場合、音楽は iTunes Store や mora からデジタルデータを購入している。アプリケーションはいわずもがなデジタルである。こういった所有した感が弱いデジタルデータの体験をさらに向上させてくれる。

ちなみに、聞いていないと思うが、僕の最近のオススメのアーティストは、9nine である。川島海荷ちゃんが可愛い。

Camera+ と連携してて楽しい

写真は美しく残したいと誰もが思うはずだ。Day One は、標準のカメラアプリに加え、Camera+ と連携して写真を撮ることができる。

Camera+ 3.6.1(¥85)

Day One から Camera+ を立ち上げて、撮影し、画像を加工し、Day One に戻り、Foursquare の情報を利用して食べた店の名前を選択し、さらに自動で天気も付加されて、いい感じの記録になる。

結論:なんかいろいろ楽しい

後、URL Scheme で日記のテキストを追加できたり、Mac での全画面表示がよかったり、Mac でホットキーに対応していたりと、色々語れるのですが、そういうのを含めて、日記を続けたいと思わせる、いろいろ楽しい Day One なのです。

日記が続かなかった全国の三日坊主たちにお勧めのアプリです。

Day One - Journal 1.9.1(¥450)

Day One 1.7.2(¥850)