Blog

2012年の振り返りと2013年の目標

帰省してるので両親や祖父母に元気な顔を見せ付けています。

一年という単位は、あまり意識することはありませんが、地球が太陽のまわりを一周することをベースにしています。地球は巨大な太陽の引力に引かれ、しかし、回転から生まれる遠心力でそれを殺し、なんだかいい感じの距離をたもって、去年の道筋を再びたどり続ける日々が再び始まるわけです。宇宙空間における旅路を考えるとなんだか不思議な気持ちになりますね。そのような宇宙のことと人生について考えることは、大事な瞬間だと思っています。

さて、これからの一年の目標を考えてみたりします。その前に、簡単な2012年の振り返り。来年の僕が見るためにまとめてみます。

2012年は、僕の人生においていちばん激動した年でした。1月〜3月にインターンシップで静岡県の会社で働いた。そのインターンシップ中に、iOS アプリ Quicka を開発。4月、無事に愛知県にある大学を卒業し、そのまま同大学の大学院に入学した。専攻は、生物学。研究は、生物の共生関係を探るテーマでした。過去形で書いたのは、大学を中退したからです。大学院に入学してすぐの時期に AppBank のまおさんに誘われて、AppBank アプリのアップデート作業にジョインした。アルバイトみたいな形で、大学での研究が終わった後にプログラムを書いてました。その遠隔作業を続ける内に、モラトリアムの延長期間のような大学生活を続けるよりも、生命力に満ちた Appbank に、本格的にジョインするほうが、僕の人生がもっと楽しくなると確信し、大学院を中退した。

そんな感じで、8月20日から新宿の事務所で働き始めました。AppBank のスピード感に置いてけぼりにならないように必死の日々でした。勉強 → 即実践な感じ。よく無事に年末年始を迎えられたなと思ってます。でも、最高に楽しいし、それを続けていきたい。2013年にやりたいこと&やることは、すでにたくさんあるので僕は形にしていくだけです。2013年も AppBank はたくさんアプリをリリースしていきます。よろしくお願いします。

で、思い返してみれば2012年のプライベートな目標は、iOS アプリをリリース(出来れば年内4本)、ブログの 2,000pv/day でした。まだリリースしていないが、今審査中のアプリがあるので、それでぜんぶ達成できる見込みです。また、Evernote に作成した「2012年丸秘リスト」も、90%程度は達成できた。彼女とらぶらぶする目標が、毎年繰り越しなのをそろそろどうにかする必要がある。テコ入れや。

2013年のプライベートな目標ですが、全然考えてない。ぱっと思いつく限りでは、電子工作を齧る、OSX アプリケーションを作成する、クラゲのポリプの飼育に慣れる、らぶらぶする、後は臨機応変に追加していきましょう。臨機応変、変幻自在です。今年は目標を立てなくても面白くなる年だから、心配ないでしょう。

後、なんだかどうでもいいことを書いてみます。2012年、いちばん聴いた曲は、「The Everlasting guilty crown(EGOIST)」。ギルティクラウンというアニメオープニングなのですが、これが恰好良過ぎる。700回再生した。読書でいちばん印象に残ってるのは、「サクラダリセット」。全7巻で完結しています。終始、美しい言葉で綴るわがままな物語でした。映画は、「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」。映画はあまり観てない気がする。

今年定番になった iOS アプリは、速攻乗換案内(都会に出たから)、Sleep Cycle(ベッドを買ったから)、Kindle(キンドルストアが出来たから)と主に環境の変化がきっかけのアプリたちです。後、自分が作ってる Quicka ですかね。

ちなみに、今年は蛇年で、僕は年男だったりします。なにかいいことあるのかな?

そんな感じで2013年もよろしくお願いします。