Blog

クラゲ日記:ミズクラゲのエフィラが成長して稚クラゲになりました

ミズクラゲのポリプ(イソギンチャクに似た状態)を飼育し始めて2ヶ月になります。餌となるブラインシュリンプ(エビ)を乾燥卵から数日に一回、定期的に孵化させて、一ヶ月ごとに海水を調整するのが僕の日常になりました。

家に届いた時のポリプは痩せ細っていたのですが、餌を与えるたびに目に見えて成長し、やがてくびれが生じてそこから花のような形をしたエフィラが生み出されました。その花弁の一枚一枚の間がみるみる成長し身体が透明になって、ミズクラゲの成体とほとんど同じ形の稚クラゲになりました。

全長 1cm もないぐらいのサイズですが、大きさは違えど水族館で一度は見たことがある姿をしています。透明な傘の中央はオレンジ色をしていますが、これは餌のブラインシュリンプをたらふく食べた後だからです。

口腕も成長して、すっかりクラゲといった感じです。

見た目にも個性があって、こいつは傘の中央が少し尖っている「きのこの山」型をしています。ちゃんと育つか少し心配です。

ちなみに、現時点では、ポリプに給餌していません。ミズクラゲのポリプは、2ヶ月程度の絶食に耐えるとのことだったので。この間に、稚クラゲへの給餌を頑張ります。