開発

オフラインで郵便番号を検索できる「郵便番号検索くん for Android」をリリースしました!

2017 年 4 月 4 日追記。3 年ぶりに オフライン郵便番号検索の決定版! - 郵便番号検索くん をアップデートしました。


前に郵便番号検索くんというオフラインで郵便番号を検索できる iPhone アプリを開発したのですが、Android アプリを開発する練習を兼ねて、そのアプリの Android 版を作成しました。

Android のサポートするバージョンは、4.0 以上となっていますが、実機の 4.1.2 でしか確認していないのでそれ以外では壊れるかもしれません。

ダウンロード(無料)はこちら → 郵便番号検索くん for Android - Google Play の Android アプリ

郵便番号検索くん for Android

基本的な操作は iPhone 版と同じですが、その流儀は Android の標準アプリに合わせて作成しています。トップ画面にある 47 都道府県を選択すると「市町村」→「通り名」と情報が細かくなります。

右上のアクションバーからは、「お気に入り」「検索」が行えます。iPhone 版では、タブバーで実装していたのですが、Android 版では「検索」を右上から行うのが標準なのでそちらに合わせてあります。

詳細画面は以下のような感じです。

ダウンロード(無料)はこちら → 郵便番号検索くん for Android - Google Play の Android アプリ

初 Android アプリを開発した所感

今回、初めて Java でアプリを開発したのですが、iPhone アプリの Objective-C と比べて書いたソースコードの量は少なくすみました。言語の慣れよりも処理の最適化が大きいのではと思っています。開発期間は、あちらは 1 週間ぐらいでしたが、こちらは 6 日ぐらいでしょうか。移植する際、アルゴリズムを考える必要がないのが楽でした。Java についてはたくさん調べましたが。

Android エミュレータの出来が悪くて、実機にいちいち転送する必要があるのが面倒でした。iOS シミュレータレベルだったらもう少し早かった気がします。

実装するにあたり、xml によるレイアウトの作成、SQLite の操作、ListView のヘッダーに広告を表示、セクション付きの ListView、1MB 以上のファイルは圧縮した状態で配布し展開などを学ぶことができました。また、暇があってアイデアがあったら何か作ってみようと思います。

Android と言えば、初音ミクモデルの Android が欲しいです。→ dx39.net