WordPress

[Mac] MAMP で WordPress のローカル環境を構築してテストデータを入れるまで

WordPress のローカル環境が必要になったので、その作業ログです。WordPress のローカル環境は、MAMP(Mac, Apache, MySQL, PHP の頭文字)で作成します。

1. 必要なファイルをダウンロードする

  • MAMP: Mac, Apache, MySQL, PHP(左のほう)
  • WordPress › 日本語
  • Theme Unit Test « WordPress Codex(リンクを右クリックから .xml ファイルを保存)
  • 2. MPMP をインストール

    MAMP_MAMP_PRO_2.2.zip を解凍して、中にある MAMP_2.2.pkg を叩いてインストールを完了させる。完了後、アプリケーションフォルダの MAMP フォルダ → MAMP アプリを起動。警告で、MAMP か MAMP PRO か選ぶことになるが、MAMP を選択。「サーバ」を起動 を選択する。

    ブラウザ上で以下のアドレスが見れたら、MAMP が正常に動作しています。

    http://localhost:8888/MAMP/?language=Japanese

    3. WordPress のデータベースを作成

    MAMP のブラウザ画面で、上のメニューの phpMyAdmin から WordPress が使用するデータベースを作成。ここでは、「wordpress」と名付けた。照合順は、utf8_general_ci です。

    4. WordPress の設置と設定

    ダウンロードした WordPress の zip ファイルを アプリケーション/MAMP/htdocs/ 以下に設置する。

    設置後、以下のアドレスにアクセスして、WordPress の環境設定を始める。

    http://localhost:8888/wordpress/

    最初に、設定ファイル(wp-config.php)が作成されていないとエラーが出るが、気にせずに「設定ファイルを作成する」を選択。「さあ、始めましょう!」。

    設定構成ファイル画面で以下のように入力して、「送信」する。

    • データベース名:wordpress(そのまま)
    • ユーザー名:root
    • パスワード:root
    • データベースのホスト名:localhost(そのまま)
    • テーブル接頭辞:wp_(そのまま)

    インストール後、必要情報を適当に入力する。ユーザーアカウントを作成したら、以下のアドレスからローカル環境の WordPress にアクセスできる。ここまでで、WordPress の設置は終了です。

    http://localhost:8888/wordpress/wp-login.php

    5. テストデータを放り込む

    WordPress 管理画面 → ツール → インポート から WordPress を選択します。

    WordPress Importer プラグインをインストール後、ダウロードしたファイルを選択から読み込ませます。

    エディタの選択、および添付ファイルをダウンロードするかを選択して、「Submit」します。

    インストール後、ブログ画面でデータが増えているのを確認できます。

    参考:ローカル環境でWordPressを色々試したい時はテストデータを放り込むといいよ!所要時間5分。 | ホホ冢次男