Mac

Mac を無線 LAN 親機にする方法

有線LAN(Ethernet)接続されているMacを無線LAN親機にすることができる。アプリをインストールする必要なく、「環境設定」を少し触るだけで実現できる。

ここではその手順を紹介。環境は、OS X 10.7である。

1. インターネット共有(親機)

「システム環境設定」から「共有」を選択。「インターネット共有」にて共有する接続経路を「Ethernet」、相手のコンピュータが使用するポートをWi-Fiに選択。

インターネット共有ネットワークの構成では、以下の内容を埋める。

  • ネットワーク名:適当(複雑な記号は使わないほうがよい)
  • チャンネル:適当
  • セキュリティ:40・128ビットWEP(5・13文字のパスワードを設定)

設定し終わったら、インターネット共有にチェックを入れ、インターネット共有機能を開始する。

メニューバーのWi-Fiが上矢印になっていることを確認。

ちなみに、SnowLeopardの時は、AirMacと表示されていたが、LionではWi-Fiと名称が変更されている。

2. ファイアウォールを切る(親機)

「システム環境設定」から「セキュリティとプレイバシー」を選択。「ファイアウォール」を停止する。

3. Wi-Fiに接続する(子機)

メニューバーにあるWi-Fiを入にする。

メニューバーに表示されてない場合は、「システム環境設定」から「ネットワーク」に移動。左カラムのWi-Fiを選択し、「メニューバーにWi-Fiの状況を表示」にチェックを入れる。

Wi-Fiを入にした後、「ほかのネットワークに接続…」を選択する。先ほど、設定したネットワーク名とセキュリティを入力する。

これでネット接続が可能になる。終わったら、親機のファイアウォールを開始することと、Wi-Fiを切にすることを忘れないように。

追記(2012/04/25)

バージョン 10.7.3 では、どうやらこの方法では繋がらないようです。次の記事を参考に設定してみて下さい。

[OS X Lion] Mac を無線 LAN 親機にするインターネット共有機能で繋がらない場合の対処法