Error:Minimum supported Gradle version is 3.3. Current version is 2.14.1.

Android

Android Studio で Gradle のバージョンを上げた際、下記エラーで躓いたのでメモしておきます。

Error:Minimum supported Gradle version is 3.3. Current version is 2.14.1. If using the gradle wrapper, try editing the distributionUrl in /Users/YourName/Path/gradle/wrapper/gradle-wrapper.properties to gradle-3.3-all.zip

このエラーが表示される時は、Android Studio が使用している Gradle プラグインのバージョンが高いが、指定している Gradle のバージョンが低い時に表示されます。

Gradle プラグインのバージョンは、プロジェクト直下にある /build.gradle に書かれています:

buildscript {
    dependencies {
        classpath 'com.android.tools.build:gradle:2.3.0'
    }
}

上記と相対するように /gradle/wrapper/gradle-wrapper.properties に、使用する Gradle のバージョンを以下のように宣言する必要があります:

distributionUrl=https\://services.gradle.org/distributions/gradle-3.3-all.zip

非常にややこしいのですが、Gradle と Gradle プラグインのバージョンは以下のように対応しており、上記のふたつの設定は現時点では正しい。以下、対応表です:

Plugin version Required Gradle version
1.0.0 - 1.1.3 2.2.1 - 2.3
1.2.0 - 1.3.1 2.2.1 - 2.9
1.5.0 2.2.1 - 2.13
2.0.0 - 2.1.2 2.10 - 2.13
2.1.3 - 2.2.3 2.14.1+
2.3.0+ 3.3+

ですが、Android Studio で冒頭のエラーが発生していました。Android Studio にある Terminal から Grale のバージョンを確認しても問題なさそう(初めは、プラグインのダウンロードが始まります)。

$ ./gradlew -v

------------------------------------------------------------
Gradle 3.3
------------------------------------------------------------

Build time:   2017-01-03 15:31:04 UTC
Revision:     075893a3d0798c0c1f322899b41ceca82e4e134b

Groovy:       2.4.7
Ant:          Apache Ant(TM) version 1.9.6 compiled on June 29 2015
JVM:          1.8.0_121 (Oracle Corporation 25.121-b13)
OS:           Mac OS X 10.12.4 x86_64

躓いた原因としては、上記 Gradle のバージョンはあくまでこのプロジェクトの Gradle バージョンであり、Android Studio が現在使用している Gradle とは違うということでした。

この設定を変えるには、Android Studio → Preferences → Builds, Execution, Deployment → Gradle → Project-level settings から Use local gradle distribution を選択します。

こうすれば無事にこのエラーを解決できました。(●・▽・●)

関連記事

SPONSORED LINK
Quicka2
[iPhone] 検索を快適に
郵便番号検索くん
[iPhone] オフライン郵便番号検索
aniradime
[Web] アニラジ更新情報