iOS

【Plague Inc. -伝染病株式会社- 攻略】伝染病となってすべての人類を滅ぼそう。勝利の定石を解説します!

iPhone, iPad で遊べるストラテジーゲーム Plague Inc. の攻略記事です。

Plague Inc. では、あなたは病原菌で、最初にひとりの人間に感染します。ゲームを進行しているうちに得られる DNA ポイントで、感染力(Infectivity)・深刻さ(severity)・致死性(Iethality)を高めます。世界中すべての人間に感染し、すべての人間を滅亡させるとゲームクリアになります。

ローカライズされていないので英語を読むのに時間がかかりますが、プレイしてみるとかなりハマります。個人的には、KingdomRush とパズドラ以来の面白さです。1プレイが20分ぐらいで、手軽に遊ぶことができます。

Plague Inc. 1.5.3(¥85)

Plague Inc. 勝利の定石

このゲームを攻略する一番の定石を紹介します。ここでは、3ステップに分けて、解説していきます。一度プレイしてだいたいの流れを掴んだ人向けに記事を書いているので、基本的な操作方法は省略しています。

  1. 感染力を高める
  2. すべての人類に感染させる
  3. すべての人類を滅亡させる

※ ゲームの性質上、不謹慎な言葉が多数含まれています。

1. 感染力を高める

ゲームが開始したら、感染する国を決めます。医療が進んでいない貧しい国(Poor)で、空港と港がある国がおすすめです。僕はインドを選択しています。インドに対してなんの恨みもありません。ごめんなさい。

まずは、伝染経路(Transmission)を強化します。鳥(Bird)、ネズミ(Rodent)、蚊(Insect)、血液(Bloood)、家畜(Livestock)などがありますが、オススメは、空気(Air)と水(Water)です。

空気は、乾燥した地域(Arid environments)で広がることができて、さらに航空機(plane transmission)による感染が期待出来ます。また、水は、湿潤な地域(humid environments)で広がることができて、さらに船(ship transmission)による感染が期待出来ます。まずは、この2つを集中的に上げるのが良いです。

多くの国に感染しても、その国の人間になかなか広まらない場合があります。そこで、次の一手として、能力(Abilities)を獲得しましょう。

寒い地域で広まらない場合には、寒さ耐性(Cold Resistance)。暑い地域では、暑さ耐性(Heat Resistance)。リッチな国(北アメリカ、日本、オーストラリア等)は医療が発達しているので、薬剤に対する耐性(Drug Resistance)を身に付ける必要があります。

薬剤耐性から派生する能力は、「3. すべての人類を滅亡させる」で重要な役割を担うので、意識しておきます。

感染を広げる中で、病原菌が突然変異(mutation)して、症状(symptoms)を獲得することがあります。症状が強くなれば、単純に、人間を殺す力が強くなります。

しかし、この段階で症状を強くすると、早期に研究者に病原菌が特定されてしまいます。死者が多数出る場合は、たくさんの援助金が募られ、処置がされ(Cure のパーセントが増える)、病原菌が完治されてしまうので注意です。

なので、症状を獲得した場合は、それを解除しましょう。解除すると、2 DNA ポイントに変換されます。得られたポイントは、感染経路(Transmission)と能力(Abilities)に使います。

インドを中心に、多くの国に感染してきました。

2. すべての人類に感染させる

世界中が赤く染まってきましたか?「見ろ!人がゴミのようだ」と高笑いするのは、まだ早計です。このゲームの勝利条件は、「すべての人類を滅ぼす」ことなので、すべての国に感染させる必要があるからです。

感染していない国を調べるには、右下 World → Data → Infection Spread Summary に移動します。健康な国(Healthy countries)を見て、色々と対策を考えます。例えば、船しか感染手段がない国が健康だったら、水(Water)による感染経路を強くする、とかが考えられます。

感染国が増える度に DNA ポイントがもらえますが、使わずにためておきます。

すべての人間に浸透させると次のようなウィンドウが表示されます。このウィンドウが表示されたら、王手一歩手前と言えるでしょう。

3. すべての人類を滅亡させる

この段階に来て、DNA ポイントを使用するのは、症状(Symptoms)と、薬剤耐性から派生する研究阻害系の能力です。研究阻害系には、遺伝子リシャッフル(Genetic ReShuffle)と遺伝子強化(Genetic Hardening)が当たります。

症状で深刻さと致死性を高めるのに、DNA ポイントの消耗が少ないのは、多臓器不全(Total Organ Failure)です。これは、一番上中央の咳(Coughing)から派生します。だいたい 50 DNA ポイントが必要です。

まだ、僕もよくわかっていないのですが、この段階で、感染経路(Transmission)や各種耐性などの能力は、DNA ポイントに変換してもいいのかもしれません。ただ、その場合、人類を滅ぼすまでの日数が多くかかり過ぎる気がします。

症状を高めると人類が1日に100万人単位で死んでいきます。「見ろ!人がゴミのようだ」と言うタイミングはここでしょう。しかし、人類も諦めてはいません。事態が深刻化すると、調査が加速し、Cure のパーセントの増加スピードが増します。これが 100% になるとこちらの負けなので、まだ手を抜くのは早いです。

人類が死ぬ度にざくざく DNA ポイントが得られるので、これをすべて調査阻害系に注ぎ込みます。ここは、人類の叡智との勝負です。

眺めていると人類を根絶したとのお知らせが表示されました。

しばらくした後に、無事に(?)すべての人類を倒すことができました!お疲れ様です。以上が、Plague Inc. で勝利するための定石です。

おわりに

以上、Plague Inc. 攻略をお届けしました。

不謹慎なゲームですが目に見えない病原菌に対する理解が深まります。実際に感染が拡大した時の政府の反応がリアルで勉強になります。また、僕は大学で微生物を研究していたので、出てくる用語に懐かしさを覚えました。

「最近、面白いゲームがないなあ」と思っている人は、ダウロードして遊んでみてください!

Plague Inc. 1.5.3(¥85)