Android

Android 9 Pie 時代のフォアグラウンドサービス

android-9-pie

Android 9 Pie(API レベル 28)が正式にリリースされ、会社でも Android 9 対応のアプリをリリースしました。

動作の変更点を見る限り、多くのアプリは targetSdkVersion 28 に数字を上げるだけで問題なさそうですが、会社で開発しているアプリは、フォアグラウンドサービスを利用しており、追加の対応が必要でした。

フォアグラウンドサービス対応

まずは、Android 8 Oreo では、フォアグラウンドサービスの起動に制約が加わりました。まだ Android Oreo に対応していない場合は、この記事に書いたように、下記の対応も必要となります。

  • Service の起動には Context.startForegroundService() を使用する
  • 起動後、5 秒以内に Service.startForeground() を呼ぶ

Android 8 の対応が終わっていれば、Android 9 では Manifest ファイルに FOREGROUND_SERVICE パーミッションを追加するだけです。

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<manifest xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    package="your.package.name">
    <uses-permission android:name="android.permission.FOREGROUND_SERVICE" />
    <!-- 省略 -->
</manifest>

ダイアログを利用して、ユーザーに許可を求める Dangerous permissions ではなく Normal permissions のため、アプリに自動でパーミッションが付与されます。

参考