Docker で WordPress サイト開発を始める

WordPress

以前、WordPress のローカル仮想環境の構築を Vagrant を利用した VCCW で試したことがあるのですが、以下の理由から使うのを諦めたことがありました。

  • 仮想環境の起動が遅かった
  • 恐らくパーミッション設定が間違えているのかメディアがアップロードできなかった
  • 開発しているテーマとプラグインをどのように Git で管理するのか、サンプル記事をどのように共有するのか、イメージが湧かなかった

仕方なくこれまで通りに MAMP でローカル仮想環境を構築していた折、Docker で WordPress サイトを開発してみよう というスライドを見かけて、Docker を始めてみました。上記の悩みを見事に解決出来たので(特に起動と破棄が一瞬だったのに感動した!)、今後は Docker を使っていくことにしました。

この記事は上記のスライドを参考に、Docker で WordPress サイトを動かし、さらにテーマとプラグインを管理できるところまでを書きました。

Mac OS X:Docker での作業の流れ

VirtualBoxDocker Toolbox をインストールしておきます。

  1. Dockerfile に設定を書く
  2. Dockerfile をビルドしてイメージ(Docker images)を作る(例えば、 Ubuntu や、Apache、作成した Web アプリケーションを含む)
  3. イメージからコンテナ(Docker containers)を立ち上げる

Docker Machine を起動する

Docker Toolbox のインストール時に、アプリケーションフォルダに追加される Docker Quickstart Terminal.app を起動し、default という名前で用意された Linux 環境を立ち上げます。起動に成功するとコンテナを積んでいる Moby Dock くんが表示されます。

                        ##         .
                  ## ## ##        ==
               ## ## ## ## ##    ===
           /"""""""""""""""""\___/ ===
      ~~~ {~~ ~~~~ ~~~ ~~~~ ~~~ ~ /  ===- ~~~
           \______ o           __/
             \    \         __/
              \____\_______/


docker is configured to use the default machine with IP 192.168.99.100
For help getting started, check out the docs at https://docs.docker.com

Dockerfile をビルドしてイメージを作成する

GitHub 上に置いたレポジトリ rakuishi/wordpress: Wordpress Docker image から Dockerfile を持ってきます。Dockerfile をビルドすると、必要なファイルがダウンロードされイメージが作成されます。

この Dockerfile には、LAMP 環境(Linux, Apache, MySQL, PHP)を元に WordPress に必要な作業の手順が書かれています。

$ git clone https://github.com/rakuishi/wordpress.git docker-wordpress
$ cd docker-wordpress
$ docker build -t docker-wordpress .

イメージの一覧は、以下のコマンドで確認できます。

$ docker images
REPOSITORY        TAG     IMAGE ID      CREATED         VIRTUAL SIZE
docker-wordpress  latest  38ebdeeaeb7e  10 seconds ago  475.4 MB
tutum/lamp        latest  f02090877f42  4 weeks ago     426.5 MB

イメージからコンテナを立ち上げる

イメージからコンテナを立ち上げます。-v $(pwd):/data-share のオプションは必須ではありませんが、次の作業でコンテナ内とローカルのファイルを共有するために書いています。ブラウザに初回設定画面が表示されるので、アカウントの作成まで済ませておきます。

$ docker run -d -p 80:80 -v $(pwd):/data-share --name=docker-wordpress docker-wordpress
$ docker-machine ip default
192.168.99.100
$ open http://192.168.99.100/

また、コンテナの一覧は、以下のコマンドで確認できます。

$ docker ps
CONTAINER ID  IMAGE             COMMAND    CREATED         STATUS         PORTS                         NAMES
c5f1ba815676  docker-wordpress  "/run.sh"  28 seconds ago  Up 27 seconds  0.0.0.0:80->80/tcp, 3306/tcp  docker-wordpress

データベースとテーマ・プラグインを dump する

WordPress サイトを管理できるように、データベースの内容をまるごとと、テーマ・プラグインを含む wp-content/ をコンテナから dump します。これらのファイルを含めてバージョン管理することで、他の人と同じ環境を共有できます。

$ docker exec docker-wordpress sh -c "mysqldump -u root wordpress > /data-share/dump.sql"
$ mkdir public_html
$ docker exec docker-wordpress sh -c "cp -r /app/wp-content/ /data-share/public_html/"

dump したデータをもとに WordPress を立ち上げる

Dockerfile に記述している以下のコメントアウトを外します。

# ADD public_html/wp-content /app/wp-content

mysql-setup.sh に記述している以下のコメントアウトを外します。

# mysql -uroot wordpress < /dump.sql

一度、立ち上がっているコンテナを削除し、再度、Dockerfile からイメージを作成し、コンテナを立ち上げます。wp-content/ をコンテナ内と共有しているので、ローカルでテーマ・プラグインを編集すると反映されます。

$ docker rm -f docker-wordpress
$ docker build -t docker-wordpress .
$ docker run -d -p 80:80 -v $(pwd)/public_html/wp-content:/app/wp-content/ -v $(pwd)/dump.sql:/dump.sql --name=docker-wordpress docker-wordpress

参考

SPONSORED LINK