On the Road

Blog

ゴールデン・ウィーク前日の夜に、このあたりで決めるべきだなと思った。そのテーマは脳内でブレーンストーミングを重ね、これ以上は判断材料を増やすことが出来なくなっており、後はこの絡まった糸をほぐして自分が望む形を見つけるだけだと。そういう時は日常(東京)から距離をとって考えるべきだから、翌日の昼に出る函館往きの航空券をとった。

それから連休をかけて、函館から南に移動した。函館、大間、恐山、青森市、盛岡市、中尊寺、松島を訪れた。北海道から宮城県の摘み食いである。函館ではまだ桜の咲いている五稜郭を見、ロープウェイに乗り夜景を見た。大学生以来、久しぶりに漫画喫茶に泊まった。フェリーで青森県の大間に移動した。霊場恐山には境内に硫黄の踊る温泉が湧いており、もちろん入浴したが、その時、体を拭くときに使用したタオルからはずっと硫黄のにおいがすることになる。青森市内では普通の自動販売機で売っていたりんごジュースが絶品であった。盛岡市にある岩手県立美術館では、粘土の作品と、見る距離によって姿を変える大きな絵画を見た。平泉にある中尊寺のウォーキングトレイルでは、野生のリスを見た。松島の観覧船に乗り(荒れていて Like a roller coaster だった)、トンビにモナカを奪われる観光客を眺める。松島では、仙台名物牛たんを頂いたが、ねぎしでも食べれるなと笑って、舌だけを取られる牛を想像して笑えなかった。

旅の途中に考えごとを続けながら、旅の後に、うんやっぱりこれだろうなと決めた。僕の場合、考えごとで最終的に得られる結論は、考えごとを始める前の直感と等しい気がする。何故だろう。こういう直感力は、コンピュータが人間に勝てない回路なのだろうなと思った。

関連記事

SPONSORED LINK