さくらの VPS:WEBrick と Unicorn + Nginx で Ruby on Rails の表示まで

Web Service

さくらの VPS に Ruby on Rails の環境を導入するまでの手順をまとめました。まずは、Ruby 付属の Web サーバー WEBrick による動作を確認し、その後に Unicorn + Nginx による動作を確認します。

Create user account

ルートユーザーで ssh ログインします。

$ ssh root@${id_address}

一般ユーザー apps を追加します。

# useradd apps
# passwd apps

一般ユーザー apps がルート権限で作業できるようにします。

# usermod -G wheel apps
# visudo

コメントアウトされている部分を解除します。visudo コマンドを経由して、/etc/sudoers を編集しています。

## Allows people in group wheel to run all commands
%wheel  ALL=(ALL) ALL

ルートユーザーでログインできないようにします。

# cp /etc/ssh/sshd_config /etc/ssh/sshd_config.bk
# vim /etc/ssh/sshd_config

コメントアウトされている部分を解除して、yesno に変更します。

PermitRootLogin no

記述を確認してから sshd を再起動します。

# /usr/sbin/sshd -t
# service sshd restart

以降、すべての作業は一般ユーザーでログインした状態のホームディレクトリ /home/apps で作業を行います。

# exit
$ ssh apps@${id_address}

ホームディレクトリのパーミッションを 701 に変更します。また、パスワードから鍵認証に切り替えます。鍵を置く場所を作って、作業マシンに戻ります。

$ chmod 701 /home/apps/
$ mkdir .ssh
$ chmod 700 .ssh/
$ exit

作業用マシンの公開鍵を送ります。パスワードなしで apps ユーザーでログインできるようになります。

$ scp ~/.ssh/id_rsa.pub apps@${id_address}:~/.ssh/authorized_keys
$ ssh apps@${id_address}

Installation Firewall

公開するポートを設定します。ssh: 20, http: 80, https: 443, Rails: 3000 を開けています。

$ sudo vim /etc/sysconfig/iptables
*filter
:INPUT          DROP    [0:0]
:FORWARD        DROP    [0:0]
:OUTPUT         ACCEPT  [0:0]
:SERVICES       -       [0:0]
-A INPUT -i lo -j ACCEPT
-A INPUT -p icmp --icmp-type echo-request -m limit --limit 1/s --limit-burst 4 -j ACCEPT
-A INPUT -p tcp -m state --state ESTABLISHED,RELATED -j ACCEPT
-A INPUT -p tcp -m state --state NEW -j SERVICES
-A INPUT -p udp --sport 53 -j ACCEPT
-A INPUT -p udp --sport 123 --dport 123 -j ACCEPT
-A SERVICES -p tcp --dport 22 -j ACCEPT
-A SERVICES -p tcp --dport 80 -j ACCEPT
-A SERVICES -p tcp --dport 443 -j ACCEPT
-A SERVICES -p tcp --dport 3000 -j ACCEPT
COMMIT
$ sudo service iptables start

Add deploy key to GitHub repo

GitHub に公開鍵を登録して、レポジトリをクローンします。

$ ssh-keygen -t rsa -b 4096 -C "rakuishi@gmail.com"
$ cat .ssh/id_rsa.pub
$ git clone git@github.com:rakuishi/sakura-vps-rails.git rails

このサンプルレポジトリには、Unicorn の設定ファイル config/unicorn.rb が含まれています。

APP_PATH = "/home/apps/rails"

worker_processes 4
working_directory APP_PATH
listen "/var/run/unicorn/unicorn.socket"
pid APP_PATH + "/tmp/pids/unicorn.pid"
stderr_path APP_PATH + "/log/unicorn.log"
stdout_path APP_PATH + "/log/unicorn.log"

preload_app true

before_fork do |server, worker|
  ActiveRecord::Base.connection.disconnect!

  old_pid = "#{server.config[:pid]}.oldbin"
  if old_pid != server.pid
    begin
      sig = (worker.nr + 1) >= server.worker_processes ? :QUIT : :TTOU
      Process.kill(sig, File.read(old_pid).to_i)
    rescue Errno::ENOENT, Errno::ESRCH
    end
  end
end

after_fork do |server, worker|
  ActiveRecord::Base.establish_connection
end

listen で指定している /var/run/unicorn/ を作ります。ちなみに、APP_PATH + /tmp/sockets/ に指定したかったのですが、権限の問題なのかうまく動作しませんでした(要調査)。

$ sudo mkdir /var/run/unicorn
$ sudo chmod 777 /var/run/unicorn/

Installation Ruby with RVM

Ruby, Ruby on Rails に必要なパッケージをインストールします。必要に応じて間引いてください。

$ sudo yum clean all
$ sudo yum install gcc gcc-c++ autoconf make wget git zlib-devel openssl-devel libyaml-devel readline-devel libxml2-devel libxslt-devel libffi-devel sqlite-devel mysql-devel

Ruby Version Manager(RVM)をインストールし、RVM を使用するユーザーを rvm グループに追加して、反映するために一度ログアウトします。

$ sudo gpg2 --keyserver hkp://keys.gnupg.net --recv-keys 409B6B1796C275462A1703113804BB82D39DC0E3
$ \curl -L https://get.rvm.io | sudo bash -s stable
$ sudo usermod -a -G rvm apps
$ exit

rvm.sh によってパスを通した後に、Ruby 2.2.1 をインストールします。

$ source /etc/profile.d/rvm.sh
$ rvm install 2.2.1

ドキュメントをインストールしないように設定します。

$ echo "gem: --no-ri --no-rdoc" >> ~/.gemrc

bundle install し、データベースのマイグレーションを行います。開発環境は development を指定しています。

$ cd rails
$ ./bin/bundle install --path vendor/bundle
$ ./bin/rake db:migrate RAILS_ENV=development
$ ./bin/rake db:seed RAILS_ENV=development

Ruby on Rails を付属の WEBrick で動かします。http://${id_address}:3000/ から起動が確認できます。

$ ./bin/rails s -b 0.0.0.0 -p 3000 -e development

Unicorn

Unicorn がプロセスとして動作することを確認します。

$ gem install unicorn-rails
$ unicorn_rails -c /home/apps/rails/config/unicorn.rb -E development -D
$ ps aux | grep unicorn

Nginx

Nginx をインストールして起動し、サーバーが再起動した時に自動で Nginx が立ち上がるように設定します。http://${id_address}/ から Nginx の起動が確認できます。

$ sudo yum install nginx
$ sudo service nginx start
$ sudo chkconfig nginx on

次に実行されている unicorn_rails プロセスを見るように Nginx の設定を変えます。

$ sudo mv /etc/nginx/conf.d/default.conf /etc/nginx/conf.d/default.conf.bk
$ sudo vim /etc/nginx/conf.d/default.conf
upstream unicorn {
  server unix:/var/run/unicorn/unicorn.socket fail_timeout=0;
}

server {
  listen 80;
  server_name localhost;

  root /home/apps/rails/public;
  access_log /var/log/nginx/access.log;
  error_log /var/log/nginx/error.log;
  error_page 404 /404.html;
  error_page 500 502 503 504 /500.html;
  client_max_body_size 10M;

  try_files $uri $uri/index.html $uri.html @unicorn;

  location @unicorn {
    proxy_read_timeout 300;
    proxy_connect_timeout 300;
    proxy_redirect off;
    proxy_set_header X-Forwarded-Proto $scheme;
    proxy_set_header X-Forwarded-For $proxy_add_x_forwarded_for;
    proxy_set_header Host $http_host;
    proxy_set_header X-Real-IP $remote_addr;
    proxy_pass http://unicorn;
  }
}
$ sudo /etc/init.d/nginx configtest
$ sudo service nginx reload

http://${id_address}/ から Ruby on Rails の起動が確認できます。

Create init.d script

この状態だとサーバーを再起動 sudo reboot した時に、unicorn_rails プロセスが自動で起動されません。自動で起動するように、スクリプトを作成します。

$ sudo vim /etc/init.d/unicorn
#!/bin/sh
#
# unicorn - this script starts and stops the unicorn
#
# chkconfig:   3456 85 35
# description: unicorn
# processname: unicorn

RAILS_ENV="development"
USER="apps"
APP_PATH="/home/apps/rails"
PID="${APP_PATH}/tmp/pids/unicorn.pid"

start()
{
  sudo -u ${USER} bash -login -c "cd ${APP_PATH} && unicorn_rails -c ${APP_PATH}/config/unicorn.rb -E ${RAILS_ENV} -D"
  return 0
}

stop()
{
  if [ ! -e $PID ]; then
    return 0
  fi
  kill -QUIT `cat ${PID}`
  rm -f $PID
  return 0
}

case "$1" in
  start)
    start
    ;;
  stop)
    stop
    ;;
  restart)
    stop
    start
    ;;
  *)
    echo $"Usage: $0 {start|stop|restart}"
    exit 2
esac
$ sudo chmod 755 /etc/init.d/unicorn
$ sudo chkconfig unicorn on

起動スクリプトから一般ユーザー apps が、unicorn_rails プロセスを立ち上げる都合上、root ユーザーは tty 無しの sudo を許可するようにします。

$ sudo visudo

Defaults:root !requiretty を書き換えます。

#
# Disable "ssh hostname sudo <cmd>", because it will show the password in clear.
#         You have to run "ssh -t hostname sudo <cmd>".
#
Defaults    requiretty
Defaults:root !requiretty

再起動して Ruby on Rails の起動を確認します。

sudo reboot

表示されていたら成功です。

関連記事

SPONSORED LINK